kiwi-fruit.cocolog-nifty.com > 庭仕事フォトメモ(07年02月)

翁草

翁草

(キンポウゲ科/学名:Pulsatilla cernua/開花期:春)
山野の乾燥した草地に生え、全体が白色の長毛で覆われるのでこの名がある。葉は羽状。春先、暗赤紫色の六弁花を開き、のち多数の果実の集まりが花柱の変形した長毛を尾状に風になびかせる。根を乾燥したものは生薬名を白頭翁といい、消炎・止血剤とする。ネコグサとも呼ばれる。


ディネマ ポリブルボン

ディネマ ポリブルボン

ラベルにはポリプロポンとしか書いてありませんでしたが、Dinema polybulbonと言う名前だと分かりました。ポリブルボンと呼んだ方が良さそうです。
どこかのナーセリーのサイトに、「低中温性、中米に原生する矮性の着生種。強健で栽培し易い、排水のよいコンポストを好む。」と書いてありました。


ブルーパール

ブルーパール

(アヤメ科/学名:Crocus vernus“Blue Pearl”/開花時期:早春)
原種のクロッカスです。


ははくり

ははくり

(ユリ科/学名:Fritillaria verticillata var. thunbergii/開花期:春)
一般的には漢名の「貝母」を音読みしてバイモと呼ばれるようですね。古くは「ははくり」と呼ばれたそうです。


藪柑子

藪柑子

ヤブコウジ。科名もヤブコウジ科です。小さな鉢に植えて苔を貼ってみました。


白龍

白龍

斑入りのタマリュウです。葉長は10センチくらいと小形なのですが、美しくて大きな実がなっています。


クレマチス“ウンナネンシス”

クレマチス“ウンナネンシス”

(キンポウゲ科/学名:Clematis yunnanensis/中国原産)
4センチくらいの小さな花を房状に付けます。常緑で、夏の間にぐんぐんと成長するので、本来は広いフェンスなどに這わせるのがいいのでしょうが、家ではオベリスクに絡ませているので、ちょっと窮屈そう。隣の梅に絡みつきはじめました。


クリスマスローズ

クリスマスローズ

(キンポウゲ科クリスマスローズ属/学名:Helleborus “Ericsmithii”)
ニガーとステルニーの交配種です。
昨年、鉢植えから庭に移したものですが、ノラ猫の乱暴狼藉に打ち勝った数少ない植物。


ゴールドレース

ゴールドレース

(サクラソウ科/学名:Primula polyantha “Gold Race”)
個性的な花色ですね。


プリムローズ

プリムローズ

(サクラソウ科/学名:Primula vulgaris)
原種系の桜草。画像では色がとんでしまっていますが、花びらはクリームレモンの可愛らしい花です。


デンドロビウム

デンドロビウム

花が終わった後に譲ってもらったデンドロビウム。3年目にしてようやく開花しました。
シーマリー“スノーキング”という品種です。