フタバアオイ

ひかえおろぉ~

Photo_360 このちょっと変わった花、なんだと思いますか?

双葉葵なんです。

あの水戸黄門の印籠で有名な葵の御紋、徳川家の家紋は三つ葉葵ですが、本来はこの双葉葵の葉3枚を図案化したものです。

下の画像はもう少し葉の形が分かりやすいでしょうか。

Photo_362

 

 
 
 
ちなみに下の画像は、PCにインストールしている広辞苑から転写したものですが、左から「葵巴」、「立葵」、「唐草葵」と呼ばれ、元は賀茂社の神紋である賀茂葵(双葉葵の別名にもなっています)を変形したものだそうです。
 
Aoi_1 

 
Photo_361 植物の双葉葵ですが、ウマノスズクサ科の植物で、双葉葵の名前は、茎の先端に2枚の葉が付くことから来ています。

ついこの間まではこんなひょうたんみたいな面白い蕾でした。いつの間にか下の部分が開いてくるりと上にまくれ上がり、開花していましたが、花の大きさは1センチくらいでとても小さいです。下さった方が素心花(素芯花)と仰っていたので、本来はどんな花色かと思って検索したら「紫褐色の花」という説明がありました。

由緒正しい神社や将軍家の紋に使われているとを知ってか知らずか、当の双葉葵はのんきな表情をしています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)