« 2007年9月 | トップページ

2008年2月

春一番

とうとう、春一番が吹きましたね。

私は、これを土曜日にホテルから会社に向かう道で遭遇しました。

(つД`)

昨年末からシステムの本番稼働を迎えるまで、ほとんど休みを返上して仕事をしてましたが、ようやく土曜日に一山を超えました。

\(^o^)/

(と、言うことは、まだ二山も三山もあるんですが...orz)

エベレスト登山に喩えると、高度順化が済んで、ようやく第一キャンプに移ったってとこでしょうか。

思い起こせば...先週の水曜日に会社に行ってから、日曜の夜、と言っても月曜日の1時頃に家に帰り、再び出社。水曜日辺り(もう、記憶が定かでない...)に家に帰って翌日出社して、土曜日の朝までホテル住まいでした。(こんな生活だから、多くの植物が枯れちゃった...)

ホテルは会社の前にあるので、なまじ家に帰るよりは、1~2時頃まで仕事をしても、翌朝ゆっくりできるし、楽なんですけどね。最近では、ホテルの部屋を取ろうと、「○○(←会社名)の××(←私の名前)です。お世話になっております。」と言うと、「あ、××さんですか、もう、部屋は取ってあります。」と、冗談を言われるくらいになってました。

先月は310時間くらい働いたし、多分、今月もそのくらいだろうなぁ。私は管理職だから、いくら時間外勤務をしても残業代もつかないんですよね。(「みなし残業」代を払っているからという理由だそうだけど、これ、労働基準局に訴えたらどうなるんだろう...)

ホテルで寝るときは、すぐに眠りたいので、コンビニで買ったお酒を持って行きます。ブランデーとか焼酎とか...。机の下に酒瓶置いてるんですが、これが最近、周囲にばれて、えらい酒飲みだと思われてます。(まぁ、間違ってないか。)

稼働したシステムと言えば、小さなトラブル(プログラムの不具合)はあるものの、結構、スムースに稼働できたと思うので、これは、開発会社に感謝です。直前になっての仕様の変更とか、無理を聞いて貰ったので、良くやって下さったと思ってます。

こういったトラブルや問い合わせなんかは、情報システム部が窓口なんですが、何しろ4人しかいない部門で、情宣はほぼ私が一手に引き受けているので、問い合わせが私に集中します。メールでお知らせなんかを出せるのが、問い合わせが落ち着く夜中(ソフトウェア会社なんで、開発の人達は『夜型』なんですよね。)なんで、「A○OMニュース(←一部伏せ字)」というタイトルのメルマガが発信される時間が1時とか2時とか、はたまた朝の6時とか、とにかく尋常じゃない時間です。そんなわけで、開発やっている人達は、その大変さが分かってくれるのか、多少、問い合わせなんかに対する対応が遅くなっても、優しいし、時にはこちらの体調を気遣ってくれたりするくらいです。

。・゚・(ノ∀`)・゚・。

1月には、稼働前の説明会を行うために札幌のオフィスに出張したけど、みんな、優しかったなぁ。(ちなみに、会社にたどり着くまで、道を何度も聞いたけど、町の人達も優しかったです。)

と言うわけで、現場の人達は皆よく理解してくれてるんですが、問題は管理職。

今ではそこそこの規模の会社ですが、所詮、新興企業なので、会社が小さい頃に入って今管理職になっている層のレベルがイマイチなんですよね。だから、システムについていけてなくて、決断もできない。最大のボトルネックであり、「抵抗勢力」です。

私たちがやろうとしているのは、単にシステムを作るだけではなく、会社の意識改革もしたいと思っているので、かなりチャレンジングなことだけど、それだけ面白さもあります。

明日からまた第2キャンプ目指して前進です。

では、では (・∀・)ノシ 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ