« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

梅干し

来週から再びサラリーマン生活が始まるので、平日のんびりできるのは今週まで。それで、今日は朝から、昨日買ってきた南高梅の梅干しを仕込みました。

昨年まで買っていたお店は、おじいちゃんとおばあちゃんがやっていて、今年は膝が痛くて仕入れられなかったんだそう...どおりで、最近はお菓子屋とか乾物ばかり売っていて、野菜がないと思った。

ここで買おうと決めていたんだけど、そういうことなので、別の八百屋へ。去年は㌔500円だったけど、今年は600円でした。でも、2Lサイズくらいの南高梅はデパートだと900円くらいするし、近所の八百屋はまだまだリーズナブルです。

良く熟したいい梅なので、流水の下で3時間ほどあく抜きしてヘタを取り、水気を取って漬け樽へ。いっぺんにできないので、これを3回繰り返しました。そんなことをしながら、先日の同窓会の画像をインデックスプリントのように並べてコメントを付けて、希望者分印刷して、封筒に入れて...と、(その間、あまりの暑さに缶酎ハイを飲んで...)あっという間に時間が経っちゃいました。

明日の夜はお店を使わせてくれた同級生に、プリントした写真を持って行かなくちゃ。(というのは飲みに行く口実のような...。)

庭では、ササユリとカキランが、とうとう写真を撮る前に終わっちゃったし、今年は珍しくデュランタがいくつも蕾を付けているというのに、デジカメのバッテリーがチャージ切れ。今週末は少しのんびりしようっと。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

同窓会

このところあまりブログの更新ができなかったのは、色々と忙しかったためですが、その理由の一つは先週の土曜日に地元で開いた小学校のプチ同窓会でした。

私が同窓会の会長みたいなことをやっているので、この2週間ほど、名簿を整理したり、同級生と連絡を取り合ったりしていて、かなり忙しかったのですが、気の置けない仲間と酌み交わすお酒は美味しく、とっても楽しい会になりました。大変だったけど開いて良かったと思っています。(でも、さすがに5時まで飲むと翌日めちゃくちゃ辛かったです。)

今日もその店(同級生がやっています)に挨拶がてら寄ってから帰ってきました。(ご馳走して貰っちゃった。)

そんなわけで、ブログの更新はおろか、友達のブログも思うように訪問できなかった次第です。近々仕事も再開することになり、益々、忙しくなるのですが、元々マイペースで書いていたブログなので、これだけは続けようと思ってます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

テレビの写りが悪い!

最近、家のテレビの写りが悪く、縞模様(ビートというらしい)やゴースト(二重三重に写る)という現象が出ていました。今朝、業者に見て貰って、結局、壁面端子とテレビを結ぶケーブルの老朽化らしいということが分かったのですが、せっかく色々と分かったので、覚え書きとして書いておこうと思います。

状況としては、家を含めて周辺の家は近所にあるマンションの共同アンテナから電波を貰っています。(だから、電波障害が起こると、そのビルのオーナー(実際は、不動産会社)に連絡して、対処して貰っていましたが、特に何の報告もなく、こちらもテレビがちゃんと映るようになればそれで良しとしていました。ただ、近所の家に聞いてみたところ、共同アンテナを使い始めて数年経ってから、時々テレビの写りが悪くなることがあることが分かったことと、今回は3週間以上も改善がなされなかったので、きちんと調べて欲しいと要請したものです。

今回初めて知ったのですが、共同アンテナから電波を貰っている場合、ケーブルは電柱(電線)を経由しており、さらに各家に(見た目は電線から分岐して)ケーブルが引き込まれています。

ここで、家に引き込まれる直前の受信レベル(チャンネル毎の電波の強さ/デシベルで表される)を調べてもらい、70デシベル以上あったので、そこまでは正常だと確認してもらいました。

あとは、壁の中に引かれているケーブルからテレビまでに何か問題があるかどうかですが、壁の端子でのデシベル数を調べて貰ったら、約10デシベルほどの損失が出ていることが分かりました。ただ、60代中~後半の受信レベルなので、さほど問題ではないそうです。

次に、業者の方が持ってきたテレビを壁の端子に繋いでみると、ほとんど問題なく写るので、ためしにそのケーブルを使って、家のテレビを接続したところ、きれいに写りました。従って、この時点で、ケーブルが問題だと判明しました。

確認した近所の家は年配のご家族なので、こうした問題点の切り分けをしたのかどうか分かりません。テレビを買い換えたり、ブースター(電波の増幅器)を購入して対処したそうですが、もしかしたら、家と同じような理由で、そこまでしなくてもよかったのかもししれません。

なお、点検に来た方に教えてもらったのは、

  • 左側に出るゴーストは、ケーブル等、アンテナから受像器までの間のトラブルに起因する。
  • 右側に出るゴーストや縦線はアンテナが受信する電波自体が弱い。

ということでした。

電波障害の症例はここ(信越総合通信局)やここ(関東総合通信局)に詳しいです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

Utricularia sandersonii

Photo_436 ちょっと前に購入したウサギゴケ、生態や育て方を調べてましたが、あまり日本のサイトには詳しい説明がありません。

そこで、英語とかドイツ語で検索したところ、こんな育て方を紹介しているサイトが多いです。

(下記の説明は、掲載時のものに少し加筆しています。) 

 

  • 置き場所は、直射日光が当たらない明るい場所。
  • 用土の一例はピートモス単体、ピートモス1:パーライト1、水苔(多分粗い微塵でしょうね)1:パーライト1などがありました。他にもバーミキュライトや砂を混ぜた例もありましたが、大事なのは肥料分が含まれていないことのようです。日本原産のタヌキモの育て方では、水苔単体や水苔にケト土を練り込んだものという記述がありました。
  • 常に湿らせておく。食虫植物なので、餌となる虫(?)がいる池の水を入れるのも良いそうです。
  • 耐寒性はあるそうなんですが、このサンダーソニーに関しては、多くのサイトで冬は10℃くらいを推奨しているようです。
  • 多くのサイトでは腰水での栽培、一部では穴のない容器での栽培も書かれていました。

個人のサイトではないようなので、一番参考になったサイトのリンク(英語)も貼っておきます。こちらはサイト主用のドイツ語サイト。ちなみに英語のサイトの画像は水苔主体、ドイツ語のサイトの画像はピートモス(der Torf:ピート、泥炭)かなんかが主体みたいです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

アカンサス・モリス

01_19 カテゴリに「庭仕事」と付けましたが、もちろん、アカンサスなんて、私の狭い庭にはありません。私には珍しかったのでUPしてみました。

これは鎌倉の銭洗い弁天で見つけたものです。何故かトイレの前に植えてあり、後ろに写っているのは、入り口から続く鳥居の柱です。

ヨーロッパを旅するようになって、西洋建築の歴史にも興味を持ったため、このアカンサスは是非実物を見たいと思っていました。

何故、西洋建築とアカンサスが関係あるのかというと、コリント式と呼ばれる柱頭飾りにこの植物の葉がモチーフとして使われるからです。

Photo_489 手持ちの画像でコリント式が分かるものがないかと探したら、左の画像を見つけました。意識して撮影したわけではないのでピンぼけですが、これを見たら、「ああ、これか。」と思い出す方も多いのではないかと思います。

この飾りのモチーフになったのは、画像のアカンサス・モリス(Acanthus mollis)ではなくて、アカンサス・スピノスス(Acanthus spinosus)と言われているそうですが、学名の「アカンサス」とは「刺(とげ)」という意味で、その理由は花のアップを見ると分かります。

02_13 苞(ホウ)に刺が生えています。

画像がないのですが、スピノススの方はもっとたくさん刺が生えていて、名前も「刺の多い」という意味だそうです。

画像を探すためにいつものようにドイツ語のWikipediaを検索したのですが、よい画像は見つかりませんでした。(いつもドイツ語で検索するのは、Wikiでは、ドイツ語の記事が最も充実しているという統計があるからです。)しかし、その代わりにドイツ語名が分かりました。Acanthus mollisはDornenloser Akanthus、Acanthus spinosusはDorniger Akanthusで、「刺なしアカンサス」、「刺ありアカンサス」でした。Dorn(ドルン/男性名詞/Pl. Dornen)とは「(バラなどの)刺」をのことです。また、アカンサスを総称してBärenklau(多分、「熊のかぎ爪」という意味)とも呼ぶことが分かりました。

日本には、比較的最近、明治末期に伝えられそうで、やはり文明開化の頃に西洋建築を通して知られるようになったとのことです。

それにしても見たのは大きな株で、大人が2人で手を広げて輪を作ったくらいに葉が大きく広がっていました。

追記:コリント様式の柱頭飾りはヴァリエーションがありますが、他のあっさりした様式に比べるとよく分かります。

Photo_490

ここに様々なアカンサスをモチーフにした建造物の画像があります。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

PCのファンの音がうるさい!

...と、最近思っていました。特に家族が使っている3年目くらいのPCのファンが回るモーター音がうるさかったのです。

そうしたら、昨日の日経に対処方法が載っていました。

PCは使用して半年もするとファンの口にホコリが付くので、掃除機でファンの口に付いたホコリを吸い取るといいそうです。

また、当然使い続けていて本体が熱くなるとファンが回るので、最近の気温の上昇も理由の一つだと思います。ノートPCの下に敷く冷却パッドみたいなものも2~3000円で売っているそうですが、手っ取り早く、100均で小さな簀の子を買って敷いてみたところ、

おぉっ!静かになった。

ファンの修理費も結構馬鹿にならないので、こまめな掃除と100円の簀の子で長持ちさせられるなら、安いものですね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

鎌倉に行ってきました

今日は大船(おおふな)に彫刻展を見に行ってきたのですが、せっかくなので早くから行き、鎌倉を少し散策してきました。本当は北鎌倉駅付近のお寺をちょっと観てから、大船に向かおうと思ったのですが、行ってみるとやはり歩き回りたくなり、前回(と言っても、もう1年前なのですね。)ご紹介した場所以外を訪ねてきました。

それは追々ご紹介することとして、今日観に行った彫刻展というのは、近所の寺の境内にある園芸店のご主人が作品を出品するというのを、先日行った時に知り、案内用の葉書まで戴いたので、拝見しに行きました。(なんか、来て欲しそうだったし...)

そのご主人は、80歳を過ぎてから仏像彫刻を習い始めたそうで、実は、先日、「あんたもやれば?」と誘われたのですが、それは丁重にお断りしました。

展示室に入って出品者の一覧表を貰ったのですが、その時になって、ご主人の名前を知らないことに気付きました。葉書を戴いたときに作品を見せて貰わなければ、危うく、来ても無駄になるところでした。

Photo_488 教室では段階があるらしくて、まだ小さな作品しか作れないそうで、出品されていたのは左の作品でした。(お断りしていないので、小さな画像です。)

その場にいらした出品者らしい方々は皆、年を重ねた方でしたが、それにしても、80歳を過ぎてからカルチャーセンターに通って新しいことを学ぼうとする園芸店のご主人には感服します。

鎌倉の画像は別途整理してからHPにでもUPしますので、下の二点だけ。

Photo_487 台湾リスです。

可愛いのですが、電線や樹木を囓ったりする害獣です。

 

 

Photo_486 北鎌倉駅近くのギャラリーにいた看板猫。

オーナーが猫好きなのか、猫を描いた作品が多く飾られていました。

この子は元々野良猫だったそうですが、きれいな毛並みで、飼い主(多分、ギャラリーにいたオーナーらしき方。)の愛情がうかがわれます。

あちこち歩き回らないようにとのことでしょうが、リードを付けているのがえらい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の庭仕事メモ(07年6月2日)

明日は用事があってUPできそうにないので、変則的ですが、土曜日の更新です。

今週は寒からず暑からず、適度なお湿りもあり、過ごしやすい日々でした。でも、こんな快適な気候ももうすぐ終わり。鬱陶しい梅雨がやって来ます。とは言え、作物のためには必要な梅雨ですから、色々と工夫して、なるべく楽しく過ごしたいです。私はオサーレなレインブーツがあるから、結構、雨の日を楽しみにしています。

Boots (゚∀゚)カコイイ!

もちろん、左のブーツです。上の画像は、まだ玄関に棚を置く前で、ちょうどメダカの卵を孵していたときのものですね。今年はバケツを置くスペースがないので、稚魚には自力で生き延びてもらいます。(親が食べちゃうんですよね。)

メダカと言えば、三年くらい前に水槽の中に放り込んだ石巻貝が生きているのを発見。サカマキガイのようには増えないんですね。

Photo_480 梅雨が終わると暑い夏がやってきます。今年はポリポットで成育中の苗がたくさんあるので、トロ箱で水切れ防止装置(な、大げさな...)を作りました。

日当たり好きの植物やしっかりした株に育てたいものをここに置いていますが、魚屋からもらってきたトロ箱に穴を開けて鉢底ネットを置き、大きなプランターのような状態にしてから、鹿沼土を5センチくらい敷き詰めました。今のところは水持ちもよく、機能してるみたいです。紫色の花が一つ咲いてますが、これはスコットランドツリガネソウです。

それでは今週の庭仕事です。

Karakusa2_1

  • ヤマエンゴサクとミチノクフクジュソウの種入手&播種。(motoさん、ありがとうございました。)
  • オオボウシバナの種と苗入手。(ばんざいうさぎさん、ありがとうございました。)
  • ウサギゴケ植え替え。(穴のない容器で育てることにしました。)

Karakusa2_1

  • 発芽確認:リクニス・ホワイトロビン(一週間くらいで)
  • 新たに開花した植物:ヒメシモツケ、スコットランドツリガネソウ
  • 開花中の植物:アネモネ、マーガレット、キンセンカ、紅花大根草、ノースポール、センテッドゼラニウム、源平小菊ニオイハンゲ、柏葉紫陽花、夕化粧、紫陽花、クイーンアンズレース、イワタバコ、蕪桔梗擬(カブラキキョウモドキ/カンパニュラ・ラプンクロイデス)、京鹿の子、ディスカラーセージ、ニゲラ
  • 開花終了:バラ(剪定)、野アヤメ(もう終わっちゃった。)

Karakusa2_1
 
Photo_464
イワタバコ(白花)
急に日当たり(ってほどでもないけど)に出したので、
ちょっと葉焼けしました。
 
Photo_465
京鹿の子
 
Photo_466
シライトホタルブクロ
私にしては珍しく花がらを全部取り除いたら、
二度目の開花が始まりました。
 
Photo_468
こちらは普通のホタルブクロ
ハナバチがよく寄ってきます。
 
Photo_467
ヒメシモツケも開花し始めました。
鮮やかなピンクです。
 

2_4
ヒメシモツケは所々に斑が入ったり、
アルビノ(所謂、白子)が出たりします。
 
Photo_469
今年シュートを分けていただいたラズベリー
大きい方はもう50センチくらいに育ちました。
二期なりだそうですが、今年の秋は無理かな?
 
Photo_470
ニオイハンゲ
花は萎れるわけでもなく、ある日突然、
「わて、もう、あかんわ」って感じで、舌を出したまま、
ドテッと倒れてます。けったいなヤツ。
 
Photo_471
ひょろひょろだったミミエデン(バラ)
株元からシュートが!
 
Photo_472
オレガノ・ロツンデフォリウム
そろそろホウが開いてきました。
 

Photo_474
レンゲショウマ
肝心の蕾はピンぼけですが、こんな感じで
花茎が伸びています。
 
Photo_475
こちらはキレンゲショウマの蕾
升麻と名前が付いていますが、こちらはユキノシタ科です。
 
Photo_476
サラシナショウマ
ツゲの枝の間から花茎を突きだしています。
既に1m以上です。
 
Photo_477
2年前から謎だった植物。
ランナーが出てきて、野いちごの類のようです。
 
Photo_478
イカリソウの根を植えたら生えてきた植物。
チゴユリかなぁ?
 
Photo_479
ピンぼけで分かりにくい画像ですが、
ササユリです。
大きい方は蕾が落ちちゃいました。
もう一つは咲いてくれるでしょうか。
ご覧になって分かるように、竹串みたいに
細い茎です。雪餅草の悲劇を恐れて、
屋根の下に入れています。
 
Photo_481
フタバアオイ
一つの実がはじけて種がこぼれてました。
 
もう一つ画像がありました。
Photo_482
寄せ植えです。
7号くらいの平鉢に那智泡盛升麻(ナチアワモリ
ショウマ)と乙女ギボウシ“金牡丹”、稚児百合を
植えてあります。本当は、黄花姫百合も植えてあった
のに、消えちゃったみたいです。
ギボウシと泡盛升麻はよく増えます。どちらも、
もうすぐ開花しそうですね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

久々に皮膚科へ

この記事はブログ主の覚え書きです。でも、同じアレルギーの方の目に留まるかもしれないので、「公開」にします。

この2年ほど、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)というアレルギー性の皮膚炎に悩まされているのですが、病院に行っても、対処療法としての塗り薬が処方されるだけなので、1年くらい診察から遠ざかっていました。

でも、このところアカギレのような状態がでて水を使うと染みて痛いので、昨日は薬をもらいに病院へ。今回は今までと違うものが処方されました。

  • デルモベート軟膏(これはステロイド系の薬の中では強い方に属します。この薬を塗ると、2~3日で効果が現れますが、副作用の恐れがあるので長期間は使わず、症状に応じて、ハンドクリームやキンセンカオイルに切り替えてます。)
  • 亜鉛華単軟膏(これは初めて処方されました。リント布という布に伸ばして湿布薬のように使うそうです。足の側面の荒れがかさぶた状なので、これを1日貼っておいてから剥がすと皮が剥けやすくなるようです。)
  • オリーブオイル(こんなものも処方されるんですね。これは薬としてではなく亜鉛華単軟膏を拭き取るのに使うそうです。)
  • ビオチン(粉薬。皮膚炎に効くビタミンです。掌蹠膿疱症治療に使われるというのは以前から知っていて、薬局でビオチンを含むサプリメントを買ったことがありますが、処方して貰ったのは初めてです。)

全然関係ない話ですが、薬局で薬の一覧をプリントした紙をくれましたが、領収書を見るとその料金は請求されていませんでした。以前、数年に渡って服用している薬にも付いてきて、100円(だったっけ?)も請求されたので、「この程度の情報に100円も払いたくない。」と言ったら、以来付かなくなりました。それで、今回は無料でくれたのでしょうか?初めて処方される薬なら別に構わなかったのに。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

掲示板のこと

BBSのことですが、他の目的に使うことにしたので、近々リンクを消します。(小学校の同窓会BBSに作り替えようと思います。)

せっかく画像を投稿してくださった方がいるのに済みません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »