« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

あなどるべからず学習図鑑

先日、書店によって、こんな本を買いました。

「昆虫の食草・食樹」という本で、昆虫82種と、その主な食草・食樹68種を紹介している本です。本来は野外観察のハンドブックのようですが、虫の画像や食害の跡などがカラー写真で紹介され、庭仕事に役立ちそうです。

この本を手に取った後、ついでに、今の学習図鑑はどうなっているのかチェックしてみようと、参考書売り場に行ってみました。

そうしたら何と、イラストだった昔の学習図鑑と違い、昆虫は全て写真で、また生態にも詳しく、それぞれの昆虫の食草が書かれ、卵の画像もたくさんあって、

これは (゚∀゚)イイ! と、思わず買ってしまいました。

購入したのは、「小学館の図鑑NEO」というシリーズの「昆虫」編でした。学研でもほぼ同じものが出ていますが、欄外のコラムにも蘊蓄(うんちく)満載。これはお勧めです。

こんど他のシリーズも買おうっと。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

「アン王女の首飾り」改め「坊主草」

これはSNSでクイーンアンズレースをご紹介したときに、覚え書きとして書いたのですが、こちらにも転載します。

Photo_463 (←画像は暴れに暴れている坊主草)

いつかどなたかのブログ(メギツネさんだったかな?)、「クイーンアンズレースって野良ニンジン」(Wild carrot)と違うのか?って話題になっていた気がするのですが、その時に調べたら、同じものと書いてありました。

但し、よくよく調べたら、野良ニンジン=クイーンアンズレースですが、私の花はクイーンアンズレースではないようです。

下のリンクはWikipediaの英語の説明からドイツ語の説明にジャンプして見つけたものですが、
http://de.wikipedia.org/wiki/Bild:Daucus1.jpg
クイーンアンズレース(学名:Daucus carota)はこのように蕾の状態では丸まっています。
でも、家のクイーンアンズレースは私の撮った画像のように最初から開いています。また、種を下さった方がメモしてくれた学名はAmmi majusだったので違います。だから、この花はクイーンアンズレースではないんですね。
 
それが明記されているのは下のサイト(英語)です。「しばしばAmmi majusはDaucus carotaと混同されるが別のもの」だと説明があります。
http://www.rainyside.com/features/plant_gallery/annuals/A...

(原文抜粋:Ammi majus is sometimes confused with roadside Queen Anne's lace, Daucus carota. D.

「じゃぁ、Ammi majusってなんて呼ばれるの?」と思ったら、このサイトによると、通称はビショップス・ウィード(BISHOP'S WEED)でした。「司教の草」みたいな意味なんですね。私はタイトルに「坊主草」って書きましたけど。

多分、クイーンアンズレース(アン王女の首飾り)の方が響きがいいので、その名前を使うのでしょうけど...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の庭仕事メモ(07年5月27日)

当地では今週は豪雨があったかと思ったら晴天になったりと、ちょっと天候が不順でした。でも、週末に晴れてくれるのは嬉しいですね。

雨は倒れかかっているクイーンアンズレースに追い打ちをかけてくれましたが、まぁ、久々のお湿りで、翌日は庭の植物も活き活きとしていました。

今週一番のニュースは「ノアヤメが咲いた」ことです。

Photo_460 苦節三年、今年は春から日当たりの良い特等席に置いてやったらとうとう開花しました。

実は、今年も開花は無理かと見切りを付けて、もう一株を先週株分けして2人の方に差し上げたばかりだったので、その後あまり注意を払わず、蕾が付いているのも気付きませんでした。もしかしたら、お二人のところでも咲いていたりして...

このアヤメは“野アヤメ”という名前で蕾付きのものを購入したのでしたが、花の画像を撮り忘れていたため、どんな花かすっかり忘れていました。今日確認したら、花弁に網目模様もあるし、確かにアヤメです。
ヽ(^0^)ノわ~い♪  あともう一つ蕾がついています。

庭仕事ではないのですが、近所のスーパーで山女魚(ヤマメ)と岩魚(イワナ)を見つけました。養殖みたいですが、宮城県産だそうです。ついでに鮎も購入して、また甘露煮を作りました。

Photo_437 そんなに見栄えのする画像じゃないので、縮小した画像です。(ISO400にしたのに何故かシャッタースピードがあまり上がらず、手ぶれも酷いです。orz)

 

脱線ついでに...
そろそろ、スーパーの店頭に梅が並び始めました。でもまだ小梅ばかりです。早く、南高梅が出ないかなぁ。やっぱり梅干しにもジャムにも、この梅が最高です。2種類のレシピのいいとこ取りして作っていて、いつもその2つのレシピをあちこち見るのが面倒だったので、作り方をHTML化しHPにUPしました。

今日は月曜日に発送予定の植物の準備をしましたが、さすがに暑くなり始め、これ以降は種以外の第4種での発送は当分無理そうです。今回お送りする皆様には無事にお手元に着きますように...

それでは今週の庭仕事です。

Karakusa2_1

  • リクニス・ホワイトロビンの種を播種。(取り敢えず半分だけ。)
  • リュウキンカの種入手&播種。(またまた、motoさんから。)
  • フランネルフラワーの種採取&播種(発芽適温はとっくに過ぎてます。無理かも。)
  • ウサギゴケ入手。

Karakusa2_1

  • 新たに開花した植物:イワタバコ(濃花)、蕪桔梗擬(カブラキキョウモドキ/カンパニュラ・ラプンクロイデス)、京鹿の子、ディスカラーセージ、野アヤメ、ニゲラ(←クイーンアンズレースに埋もれてよく見えず、さっきまで忘れてた。)
  • 開花中の植物:ビオラ、アネモネ、マーガレット、キンセンカ、ガーベラ、、紅花大根草、ノースポール、センテッドゼラニウム、源平小菊ニオイハンゲ、バラ各種、柏葉紫陽花、夕化粧、紫陽花、クイーンアンズレース
  • 開花終了:タイツリソウ

Karakusa2_1

Photo_439
気になるツワブキ。
でも、検索したら、竜頭というツワブキによく似ています。
これって葉芸なの?
(全然関係ないけど、この間、テレビのクイズ番組で、時計の
リューズ(竜頭)を知らないタレントが多くてビックリしました。)
 
Photo_440
紫陽花も色づいてきました。
クイーンアンズレースが倒れかかり、右からはクレマチス・
ウンナネンシスの魔の手が伸びています。
 
Photo_456
こちらは柏葉紫陽花。
ほとんど地面に付きそうです。
雨が降った日は、地面に頬をスリスリしてました。
 
Photo_441
ダイアンサス・ネグレクタス(Diansathus neglectus)
ちょっと前から咲いていたのですが、ようやくカメラに
納めることができました。
ヨーロッパのチロル地方に咲くのだそうで、それを
聞いて譲っていただくことにしました。これを眺めて
遠いチロルに思いを馳せています。
 
Photo_457
これは名前が分からなくなったダイアンサス。
上のネグレクタスと共にサクマさんから戴いた
ものですが、ちゃんとネームプレートを付けて
下さったのに、インクが消えて読めなくなりました。
今度確認しておきます。(でも、多分同じネグレクタス
だと思います。2ポット下さった記憶が...)
 
Photo_458
これはヒナギキョウ。1センチもない、小さな花です。
ずっと咲いていたけど、これが最後の花みたいです。
 
Photo_444
京鹿の子
上手く撮影できませんが、下から開花し、中間は
ピンクの蕾、上の方はまだ白っぽい蕾と、
グラデーションがとても綺麗です。
 

Photo_446
ミミ・エデン
花のてんこ盛り~♪
でも、先日の豪雨以来倒れてますorz
 
Photo_447
こちらのバラはホワイトピーチオヴェイション。
ミニバラというより、パティオローズって言うんで
しょうか。割合と大振りの花です。
 

Photo_449
買ったときは名無しだったミニバラ。
調べたら、La Paz Foreverって名前のようです。
フォーエバーというのはデンマークの会社で、
ミニバラとは思えない大きな花のバラを生産して
います。“La Paz”って確か平和という意味のスペイン語。
都市の名前はラパスって言うけど、“ラ・パッ”でいいのかな? 

Photo_459
カンパニュラ・アルペンブルー
ハンギングにして門扉に飾っています。
これは植え込んでいるわけではなくて、楕円形のポットに
植えて、ハンギングバスケットに仕込んだものです。
 
Photo_452
こちらはお馴染みの蕪桔梗擬
 
Photo_453
イワタバコ(濃花)
日陰に置いていたので徒長気味。
 
Photo_454
白花は開花までもうちょっと。
 
Photo_455
これはディスカラーセージ。
ディスカラー=色がない=黒ということでしょうが、
よく見ると、濃い紫色で、ベルベットのような光沢があります。
葉っぱは柔らかい毛が生えて白っぽいのですが、
何故か花穂の部分の茎はペチュニアみたいにベタベタします。
 
Photo_461
桃の実
今は青梅くらいの大きさです。
でも、その内落ちます。
 
Photo_462
カラー
いっぱい芽が出ています。
こんなに球根てあったっけ?
  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

またまたわけの分からないものを...

昨日は久しぶりにまとまった雨が降り、今朝は快晴。半袖でも汗ばむほどです。

この時期は春に咲いた花にお礼肥、開花中のものには即効性の肥料と、肥料をよく使うので、いつも買いに行く園芸店(本当は金魚屋さん)に行ってきました。

家から徒歩で15分ほどの道のりですが、いつもいくつかの園芸店をひやかしながら行くので時間がかかります。今日も我々地元民が「だいっさま」と呼ぶ寺の境内を通って、おじいちゃんとおばあちゃんがやっている園芸店の前を挨拶して通り過ぎようとしたら、ご主人に「素通りしないで遊んで行きなよ。」と呼び止められ、なんだかんだと30分ほど立ち話。その後、肥料を買って別の花屋の前を通ったら、こんなの(↓)を見つけてしまいました。

Photo_436 ウサギゴケというのだそうです。

7mmくらいの小さな花で、私のデジカメではこのフォーカシングが限界ですが、確かに正面から見るとウサギの耳のようなものが立っていて、部分的にピンクでウサギみたいで可愛いです。

ミミカキグサの仲間だろうと思い、確か家に育て方を書いた本もあるからと衝動買いをしてしまいました。値段は500円。高いのか安いのかよく分かりません。購入店のご主人も「日当たりの良いところで腰水で育てる。」と教えてくれたのですが、家に帰ってネットで調べたら、学名はUtricularia sandersonii(確かご主人も「サンダーソニー」と言ってました。)と言って、タヌキモ科タヌキモ属、南アフリカ原産の植物だそうです。「凍らせたらダメ」とのことなので、冬は室内の方が良さそうですね。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

スキャナ比較検討中

HPの記事を書くようになったこともあり、過去に撮影した膨大なフィルムをデジタル化したくなりました。そうなると必要なのはフィルムスキャナなのですが、かなり高いんですよね。それで、一般的なスキャナから選ぼうかと、ドイツ語学校に行く途中、量販店に寄って価格を確認し、カタログを貰って帰りの電車の中で候補とした機種のスペックを比較検討していました。

検討中なのはキヤノンのCanoScan 8600FとエプソンのGT-X750。どちらも2万円台の機種です。

以前プリンタを比較したときに、キヤノンの方が色合いが好みで、さすがに写真を知っていると思った経験がある(エプソンはやたら派手になる)ので、キヤノンのスキャナの方がいいと思っていたのですが、スキャンスピードがめちゃくちゃ遅いんです。

エプソンはポジフィルム1コマ当たり1分44秒なのに対し(これでも遅いのですが)、キヤノンは3分21秒。ほぼ倍の時間がかかります。orz

いずれにしても、フィルム約200本(全てのコマをスキャンするとは限りませんが)をスキャンしてたら膨大な時間がかかりそうです。

どちらも、アドビのPhotoshop Elementsが付いていて(キヤノンはver.4.0、エプソンはver.3.0)、キヤノンのカスタマーセンターに電話をかけて聞いてみたところ、フォトショップからの読み込みになり、スキャンする前にサムネイル画像から読み込む画像を選択できるようです。エプソンは(いつものことですが)電話が全く繋がらないので、聞いていませんが、多分同じでしょう。

もうちょっと悩むことにします。

ところでHPですが、スイス(2001年)編をUPしつつあります。

ただ、HPの本文を書いていて気付いたのですが、結構、山の名前を忘れているんですよね。orz

私は、山登りをする体力がない割には山が好きで、スイスに関してはハイキングマップや景色を眺める時に必要な広域地図をたくさん持っているので、それで山名を確認しながら書いているのですが、そもそもどの位置から撮影したのかが特定できないと正確に分からず苦労しています。でも、スクラップブックに貼ってある絵はがきを見たり、インターネットで調べたりするのも楽しくて、時間を忘れてしまいます。

地図の等高線から稜線の形を読み取って山名を特定できたときなど格別の喜びですが、多分、読んでくれる方も詳しい山名など興味ないだろうなぁと思いながら説明を書いています。

デジタル化した画像は実際の何十分の一かのコマ数なので、本当は現像したフィルムを丹念に見て前後の画像と比較すればもうちょっと楽なんですけどね。整理はしてあっても、引っ張り出すと熱中して夜も寝られなくなりそうなので、封印してます。

やっぱりスキャナが欲しいよぅ。(;´Д`)

| | コメント (9) | トラックバック (0)

今週の庭仕事メモ(07年5月21日)

週末はちょっと忙しくてUPできなかったので、正確には「今週の...」ではなくて「先週の庭仕事」です。

庭では春の花が次々と終わり、四季咲き性のある花も小休止。初夏の花が開花間近といったところですが、その間を繋ぐようにバラが咲いています。

Photo_430 和の花壇と呼んでいるところは、今はこんな感じです。

ヒメフウロがよく咲いていますが、気になるのは石蕗(ツワブキ)。

全然、ツヤツヤしてません。orz
葉っぱの表面がボコボコです。何でだろう...

柏葉紫陽花も咲き進んできましたが、全然上に立ち上がらないので、雨に濡れたら地面に付いてしまいそうです。

さて、久しぶりに蓮鉢付近の画像もUPします。

Photo_425 玄関近くのアプローチで一番目立つところだというのに、咲いているのは紅花大根草と山紫陽花“黒姫”くらいで、相変わらず花が少ないです。orz

花が咲こうが咲かまいが、ここは目をかけている植物を置くのですからしょうがありません。

大まかな名前は記入しましたが、紀伊上臈杜鵑草(キイジョウロウホトトギス)や更科升麻(サラシナショウマ) の裏辺りには、岩煙草(イワタバコ)などのこまごましたものが置いてあります。下は蓮鉢の様子ですが、今年は花が咲くんでしょうか...

Photo_426

Karakusa2_1

しばらく前からですが、芋虫が出始めて、葉っぱを食害されるようになりました。春は開花する植物を微笑んで眺めていればよかったのに、これからの季節は眼光鋭く、殺虫剤や割りばし(←虫をつまむため)を手に、葉裏を覗いたりしなくてはなりません。まだやっていないけど、夜盗虫やナメクジ退治に夜の見回りも必要になってきますね。
私の庭では最近、バラの大敵チュウレンジハバチが目に付くようになりました。でも、これは結構とろいから手で捕まえられるんですよね。(その後は、地面に叩きつけて足でグリグリ。我ながら残酷なことをしてます。)
先週辺りからは蚊が発生し始めました。水の入った鉢にはメダカが入れてあるので蚊の発生源にはならないのですが、どうしても卵を産みに成虫が集まってきてしまいます。

蚊に刺された手足をポリポリと掻きながら、今週の庭仕事です。

Karakusa2_1

  • 譲っていただいたイワシャジンとマツムシソウの苗を植え付ける。(またまたmotoさんにお声をかけていただきました。ありがとうございました。)
  • 黄花節分草の種を播種(実はSNSを通じてある方が種を送ってくれたのですが、郵便の事故で届かず。捜査依頼も出してくださったのですが結局出てこないようで、再度、種を集めて送って下さったんです。最初に送ったものよりは小さいそうですが、ありがたく頂戴して蒔いてみました。)
  • リクニス・ホワイトロビンの種入手。(栃ななさんに戴いたのですが、播種時期がよく分からない。取り敢えず冷蔵庫に入れてありますが、半分蒔いてみようかと思ってます。)
  • フランネルフラワー開花株入手(これは最近SNSで話題になった花。とても魅力的な花で、種を譲って下さるという方がいたのですが、当地では播種時期をとっくに過ぎているので断念。扱いも難しそうです。でも、ドイツ語の授業に行く途中、花屋で開花株を見たらやっぱりその魅力に負けてしまいました。でも、耐寒性も耐暑性もないようで、育成には全く自信がありません。ところで、授業中、机からバインダーを落として花茎を折っちゃいました。orz)

Karakusa2_1

  • 発芽確認:翁草(オキナグサ)
  • 新たに開花した植物:ホタルブクロ(白とピンクと言われて戴いたのですが、どうやらどちらもピンクのよう。可愛いからいいんですが。)
  • 開花中の植物:ビオラ、アネモネ、マーガレット、キンセンカ、ガーベラ、タイツリソウ、紅花大根草、ノースポール、センテッドゼラニウム、源平小菊ニオイハンゲ、バラ各種

Karakusa2_1>

Photo_420
話題のフランネルフラワー
育て方の説明が書かれているサイトによると、結構、
気難しくて手がかかる植物のようです。
もうちょっと綺麗に咲いてから写真を撮ろうと思った
のですでが、枯れない内に撮っておこうなどと弱気に
なっちゃいました。(実は、真ん中の花がついている茎は
授業中に私がバインダーを落とし、折っちゃったんです。
それで、左手に持ちつつ撮影したもの。
他の花は終わりかけています。
ブログをUPしてからさらに検索したら、オーストラリアのサイト
詳しい説明を発見。覚え書きのためにリンクを貼っておきます。
(どちらも英語のサイトです。ゴメンナサイ。m(_ _)m)
 
Photo_421
これはフランネルフラワーの葉。
シロタエギクによく似ています。
 
Photo_422
全体の姿
まるで見納めのように写真を撮ってますね。(;^_^A
 
Photo_427
ムサシアブミ
今年はこの葉一枚で終わるのかな?
 
Photo_434
ニオイハンゲのムカゴ。
本には葉の元にできるって書いてあったのですが、
こんなところだったんですねぇ。
 
Photo_428
こちらはラビットアイ系ブルーベリー“ティフブルー”の実。
今年は別の2種類の木があるので、収穫UPとなりそうです。
 
Photo_429
クイーンアンズレースです。
150センチくらいに成長して蕾みもたくさん付いたので喜んでいたら
先週の豪雨でなぎ倒されました。orz
椅子をどけると倒れます。
 
Photo_433
紫陽花もだいぶ色づいてきました。
 
Photo_431
日陰地帯
ドクダミやら雪の下やらが蔓延ってます。
雪の下の葉は食べられるそうですが、この辺りでは
あまり野草を食べる習慣がないので、手を出せずにいます。
雪の下は食べるよりも花を見る方が好きですし。
 
Photo_432
と言うわけで、雪の下の花。
すごく綺麗だと思います。
 
90
きちゃないけど...メダカ水槽です。
この冬、初めてホテイアオイが越冬しました。
ところで、この浮き草、何とかならないものか...
 
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2002年の旅のページ\(^o^)/オワタ

\(^o^)/オワタ  

は、普通、悪い意味で使うことが多いですが、この場合はホントに「ばんざい」です。

なんとか「ドイツ・オーストリア・ブタペストの旅」のページを完結させることができました。Hakushu (← gooのブログから拝借)

あと、デジタル画像のストックがあるのは、2001年のスイス旅行なので、当分はこれに手がかかるでしょうが、それ以外の旅の画像をどうしようかと考えています。

フィルムスキャナーに手を出しそうな気が...。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

ホームページ、なんとか更新

最近、自HPの旅のページを楽しみながら作ってます。

旅をしながら手帳に書きつけていたメモを見ながら書いているのですが、これがなかなか楽しいものです。

また、日頃、おもちゃみたいなデジカメで撮った画像しかUPできないのですが、旅の写真はポジ(スライド用フィルム)で撮ったもの。満足できる画像を公開できます。

今はようやく一つの旅行記が終わりに近づいたところですが、旅のメモが閉じてあるファイルを読み出すと、様々なシーンがよみがえってきて、次の旅行の文章が頭に浮かんできます。

でも、実際に書くとなると結構苦労するんですよね。タグ打ちしなくてはならないので、流れが途切れてしまうんです。だから、UPしてから読み直してみると変な文章が見つかり、その度に手直ししています。

人に読んでもらいたいというよりは、自分の旅を追体験できる...そんな楽しみを得られるので十分満足しています。

追記

  • kouyouさんのご意見を参考に、travelのページから直接各都市にlinkできるように修正しました。
  • 私の写真も特別公開中。(どこかは内緒)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今週の庭仕事メモ(07年5月13日)

今週は天気がよくて暑い日も続き、そろそろ水切れが心配になってきました。

それで、乾きやすくなっている植物は鉢増ししたり、場所を移動したりという作業が多かったです。

Karakusa2_1

  • モッコウバラの剪定。(本格的な剪定&誘因はまだですが、あまりにもボウボウなので、シュートが伸びそうな場所を確認して枝先をカット。)
  • ナスタチウム撤去。(こぼれ種で生えたもので、大事なオダマキに絡みついたりするので、抜いちゃいました。)
  • 受粉用のブルーベリーの花を落とす。(成木はティフブルーだけなので、ティフブルーの花が終わった段階で、他の幼木の花はお役ご免です。木に負担をかけないように、花を落としました。)
  • プリムラゴールドレース植え替え&株分け。
  • ラショウモンカズラ、フェンネル鉢増し。

書き忘れたので追加

  • カラー発芽。(球根、逆に植えちゃったかと思った。)
  • 初蚊に刺されorz

Karakusa2_1

Karakusa2_1
 
Photo_406
摘心をしたクレマチス(インテグリフォリア“アルバ”)
脇芽が伸びてきました。
 
Photo_407
ホタルブクロも蕾が大きくなってきました。
別の株は既に色づき始めています。
 
Photo_409
クイーンアンズレースも開花間近。
 
Photo_410
ササユリの蕾
本当に繊細で折れてしまいそうな茎です。
雪餅草の惨劇を繰り返さないために
軒下に置いています。
 
Photo_411
フタバアオイはいつの間にか実になっていました。
 
Photo_412
ムサシアブミの芽
芽までニョロニョロしてます。
 
Photo_413
ニワセキショウ
雑草だけど、可愛い花です。
毎年こぼれ種で育っています。
 
Photo_414
ドッグローズも咲き始めました。
 
Photo_415
こちらはハンショウヅル
たこウィンナーみたいな花です。
 
Photo_416
目立たないけど、コモンタイムも
可愛い花を咲かせています。
 
Photo_417
ユウゲショウ
一日花でしょうか。それとも夕方蕾むのかな?
たくさん咲いています。
剪定した茎を土に挿したら数日で根が出ました。
 
Photo_418
ローズゼラニウム
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホームページ\(^o^)/タテタ

このところ集中してHTMLを書いて、何とか数ページUPすることができましたので、アドレスを公開しちゃいます。

HP内の“about this site”にも言い訳がましく書きましたが、タグを全て手打ちしているので、なかなかはかどりません。ここで当分更新がストップしそうな悪寒...。

Linkはサイドに貼っています。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

白糸蛍袋が満開!

今日は、暑かったですね。と思ったら真夏日だったそうです。

そんな中、税務署とか金融機関とか、あちこち回ってました。行く前に効率良い順番を考えていたのに、結局1箇所行き忘れてました。暑さボケ~orz

 

また、元同僚の訃報...

この方もまだ50代のはずなのに。

ロンドンに単身で駐在中、個人旅行の女の子と知り合うために、絵なんか興味ないのにナショナルギャラリーの喫茶店に行ったり、彼女とスペインに旅行に行ったら、ニューヨークから同じくスペインに旅行に来ていた元上司(こちらはもちろん奥さんと)に目撃されたり(なんてワールドワイドな偶然!)、赤いポルシェ乗ったり、

派手で女好きで酒好きな楽しい人(←傍観者には面白い)でした。

あっちでもナンパするんだろうな。

悲しいけど、明るい人だったから、明るく送ってあげたいです。

と、全然タイトルと関係ないことを書きましたが、本題の白糸蛍袋です。

去年、2年ぶりに植え替えてやったら、今年は良く咲いてくれました。

Photo_405 最初、数輪咲いただけの時は地味だと思ったのですが(←私は好みですが)、たくさん咲いたら、なかなか華やかになりました。

10号くらいのボウル型の鉢で、私の狭い庭では、これが精一杯。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

忙しい...

結局、小学校の同窓会をやることになりました。いつものように私が幹事...

それはいいんだけど、同級生のITスキルがまちまちなんで、連絡が結構大変です。

携帯ユーザって、結構アドレス変わっちゃうんですよね。
PC宛に携帯の絵文字を送ってくるし。そもそもメールが使えない人も多い...
><

連絡が面倒なんで、ブログを立ち上げちゃいました。ココログ(niftyのブログシステム)はniftyアカウントを持っていると、3種類のブログの内、2つまでは無料で持てるんです。それで、使い慣れたココログでもう一つ立てたのですが、これのブログより機能が少し高いものなので、フォトアルバムも個々にパスワード設定できたりするみたいで、我ながらいいアイディアだったと自画自賛してます。

今日はドイツ語の授業だったので、行く途中、書店でスタイルシート(HTMLの体裁を整える定義)の説明書なんて買ってきてしまいました。HTMLを独学したときは小学生でも分かるような説明書を買ったけど、今度のは中学生なら分かるという程度。でも、そのために、スタイルシート採用の経緯とか書かれていて、なかなか面白いです。最近は当たり前になってきましたが、練習用のファイルやテキストエディタが入ったCD-ROMがついているので、色々使えそうです。

電車の中で半分くらい読んだだけですが、結構、勘違いしていたこともあるようで、もうちょっと洗練されたスタイルシートにすべく、しばらくは研究してみようと思います。

他にも、現在進行中で色々状況が変わりつつあるし、なんだか急に忙しくなりました。
でも、このブログの更新は今までもかなりのんびりモードだったので、さほど変わらずに更新はしていくつもりです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

雪餅草の疑問氷解...かな?

数日前の雪餅草です。こんなになっちゃった。

Yukimochisou

結局、種はできなかった訳ですが、調べてみたら、こんなことが分かりました。

見つけたのはウラシマソウの説明でしたが、それによると、雌雄異株で栄養がよいと雌株になるというのは正しいのですが、雄雌二株必要なようです。

花粉を媒介するのは、この種に良くあるように蝿や蚊で、雄の包(ホウ/花のように見える部分)に入り込んだ虫は、包の下部に開いている穴から出てきます。その後、雌の包に入った虫は、出ようとしても、脱出の穴が開いていないので、出口を探して歩き回る(あるいはもだえ苦しむ?)そうで、それによって受粉されるのだそうです。

ということは、二株用意して、一株は砂糖漬け(=ブドウ糖や肥料を与え)、もう一株は貧栄養に育てるってことでしょうか。

それにしても、恐ろしい戦略。やるね、テンナンショウ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

BBSが使えない

Table 'ppp_system.user_kiwi_config' doesn't exist

って表示されて、表示も管理者用のログインもできません。一時的なものかどうか、わかりません。
何にもしてないのに~ 。・゚・(ノД`)・゚・。

今、時間がないので、後でゆっくり調べます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

BBS

このブログのサイドに貼ってあるBBS(ネット掲示板)は、元々、有志が作った高校の同窓会BBSが閉鎖されてしまったので、自分で作ろうかと思いつき、IDを取得してテストしていたものです。

自分で開設したくせに、すっかり忘れて、この2~3日チェックをしていなかったら、何人かの方が書き込みをしてくださっていました。

訪問下さった方々、ほったらかしにしていてごめんなさい。
m(_ _)m (←これ、ATOKが覚えたw)

余計なレスやヘッダー等を整理して、これからはチェックしますので、これに懲りず、画像を投稿してくださったら嬉しいです。

ところで、同窓会のBBSですが、ある方から「この指とまれ」(通称「ゆびとま」)を教えてもらいました。(名前は知っていたのですが、自前のBBSを持つことばかり考えていたので、思いつきませんでした。)

それでさっそく登録したのですが、同窓生、少な~。

私の世代(60年代)だと、パソコン人口が少なくて、さらにこのサイトを知っている人は少ないんでしょうけどね。小学校の同窓生は5人しかおらず、高校も80人くらいでした。

このところ、小学校の同級生から「そろそろ同窓会をやろうよ。」(←意味するところは「やってよ。」)という連絡がよく入るので、同窓会でもやって、みんなに参加を促そうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パソコンの起動が遅い!

これは自分のではなくて、もう一台のPCの話。実はもう解決したんですが、覚え書きとして書いておこうと思います。

「ようこそ」の後、壁紙だけの画面が1分半くらい表示されてからようやくデスクトップのアイコンが表示されるという現象でした。

ちょっと前に、起動時にいくつかのデバイスが認識されず、ネットに繋がらないという現象が起きたので、スタートアップ時に起動するアプリケーションが原因だろうとは思ったけど、念のためサポートデスクに電話。

結局、スタートアップ中の不要なもの(MS Messengerとかプリンタードライバーのユーティリティやセキュリティソフトのヘルプといった程度)のチェックを外したら、あっさり解決。(メニュー→「ファイル名を指定して実行」→msconfigと入力して[OK]ボタンをクリック→「スタートアップ」タブ)

さっきまで赤字のところが抜けてたのをkouyouさんに指摘していただきました。
m(_ _)m

多分、ウィンドウズアップデートかなんかが悪さしたんでしょうね。

コメント欄で検索のことを書いたので、ふと思いついて、今週の「検索ワード/フレーズ」ベストテンを貼り付けてみました。

Best10

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今週の庭仕事メモ(07年5月6日)

先日、庭仕事メモをUPしたばかりなので、それ程多くのの話題があるわけではないのですが、覚え書きも兼ねて新たな変化をUPします。

先週末にcocotteさんからたくさんの種類の山野草を戴き、今週、美味しく戴きました。
ニリンソウとか鳥足升麻とか、この辺りでは山野草として観賞用に育てるようなものを贅沢に戴きました。山菜特有のほろ苦さなどと言いますが、おひたしや天ぷらなどのシンプルな調理法だと、それぞれの個性がよく分かり、とても興味深かったです。

今日はkouyouさんからドジョウと、種から育てた草花苗が届きました。雨の中、植物はさっそく大きめのポットに植え替えました。今日は涼しいので、すぐに落ち着くとと思います。

縞ドジョウは、90水槽となんちゃってビオトープに、アオミドロも食べるように言い聞かせて投入しました。その後で、写真を撮っておけば良かったと後悔しましたが、時既に遅く、緑色の水の中に消えていきました。

kouyouさんには、インスタントの緑茶まで戴いちゃいました。(メールに書き忘れましたが、ありがとうございました。さっそく戴きましたが、なかなか美味しいです。)

GW中に余剰苗を整理し、明日は10名以上の方に発送するので、ラベルを書いたり、梱包用の容器を加工したりと、数が多いので、さすがに大変でした。

Karakusa2_1

  • 新たに発芽した植物:3月下旬に蒔いたムサシアブミの発芽を確認。
  • 新たに開花した植物:FL(フロリバンダローズ)のアイスバーグ(冬の剪定を怠ったので、細い茎ばかり伸びてます。それで、摘花も兼ねて切り花に。他のバラも全て開花目前です。)
  • ヒナギキョウが間もなく開花しそう。30センチほどになるそうですが、せいぜい10センチといったところです。夏に背が伸びるんでしょうか。
  • 開花中の植物:ビオラ、ネモフィラ、アネモネ、マーガレット、深山苧環、双葉葵、スミレ、キンセンカ、ガーベラ、タイツリソウ、紅花大根草、ノースポール、アマドコロ、ナスタチウム、茜金梅、ブルーベリー、蕪桔梗擬き(カブラキキョウモドキ)、海老根クチベニシラン、センテッドゼラニウム“オーシャンウェーブ”、丁字草源平小菊ニオイハンゲ一両(蟻通し)、舞鶴草白糸ホタルブクロ“ビューティフル・トラスト”、ヤクシマヒメウツギセッコク(名前不明)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の庭仕事メモ(07年黄金週間)

ゴールデンウィーク真っ最中です。天気にもおおよそ恵まれ、行楽日和ですが、私は庭仕事、と言っても、植え替えなどの大仕事はほとんど終わっているので、雑草取りくらいですが。

ちょっと出かけることが多くて、慌ただしい日々を過ごしています。夜(というか夜中)は先日来から始めたホームページ作りに勤しみ、しこしことHTMLタグを手打ちしてます。

春に行う作業が一段落ついたので、変則的に今週の庭仕事メモ・黄金週間版をUPします。

Karakusa2_1

  • カタクリ植え替え。(本来は活動を再開する前の9月頃にするそうですが、そうそうに休眠してしまった様子なので、状態を確認するために植え替えてしまいました。)
    ( ゚д゚) 球根、ちっさぁ~。
  • ボケの剪定。
  • オレガノ植え替え(秋に蒔いたものを鉢上げ。)
  • motoさんから戴いたヤマラッキョウとクサレダマを鉢植え。クサレダマは湿地性の植物だけど、地植えでも大丈夫だそう。でも、家にはそんなスペースがないので鉢植えです。根の様子からサクラタデとよく似た雰囲気なので、粗めの鹿沼に植えて、浅い鉢の腰水で育ててみようと思います。

Karakusa2_1

Karakusa2_1
 
Queen_ann
去年採取したクイーン・アンズ・レースの種を
庭に適当に蒔いておいたところ、ぐんぐん成長。
今や70センチくらいになってます。
 
Photo_404
人工授粉なんてしなかったけど、ティフブルーは
果実が肥大し始めてます。
 
Iwatabako
岩煙草(白)はだいぶ葉が大きくなりました。
花芽も見えています。
 
Iwatabako_momo
こちらは桃花の岩煙草。白花や濃花に比べて成長が遅く、
開花も1か月以上後になります。
 
Momo
今年もなった桃。
でも何もしないから肥大せずに落ちちゃいます。
 
Sasayuri
あまりに細すぎて、どうしてもピントが合わないササユリ。
見るからに繊細そうです。
 
Kusabotan
はちさんに戴いたクサボタン
立派です。
 
Pain
ぶちゃいくなパイナポ~。
成長もしないけど、生きてはいるみたいだからよしとしよう。
 

庭の植物の様子は『庭仕事フォトメモ』にもUPしています。宜しかったらご覧下さい。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »