« 今年の藤\(^o^)/オワタ | トップページ | 蓮鉢周り »

梅ちゃん会

一昨日、高校3年の時の担任だったU先生の訃報が届きました。まだ62才という若さです。

釣りが好きだったから、釣りしている時のスナップ写真なのか、遺影には珍しく、帽子を被って微笑んでる写真でした。あまりにも自然な写真なので、悲しさが増しました。

通夜には教え子達がたくさん参列していました。もちろん、県立K高校の同級生達も。

1年5組、2年9組、3年2組の担任だったので、そのメンバーで斎場の隣の居酒屋へ。毎年、先生の命日4月15日にどこかに集まろうと約束しました。先生の名前を取って「梅ちゃん会」です。

梅○さん、その時はおいでよ。

(先生のこと「さん」付けで呼ぶ悪い習慣があったもので...)

|

« 今年の藤\(^o^)/オワタ | トップページ | 蓮鉢周り »

コメント

生徒から慕われる先生だったのでしょうね。
だからフレンドリーに ”さん” づけ^^
それより9組?? 全部で何クラスあったのですか!?
さすが都会ですね!
居酒屋が斎場の隣ってのが なんとも。。ははは^^
梅ちゃん先生の ご冥福をお祈り致します。

投稿: 栃なな | 2007年4月19日 (木) 11時36分

>だからフレンドリーに ”さん” づけ^^
フレンドリーだからじゃなくて、多分、学園紛争以来の、どちらかというと悪しき風習だと思う。私は覚えてないんだけど、入学式の時にピケがはられてたって、昨日誰か言ってた。

>全部で何クラスあったのですか!?
確か9組までだったと思う。3年になって、授業が選択制になったから、あんまりクラスって意識しなかったんだけど。
 
最近、学校のシステムが変わったようで、母校は今、単位制高校とかいうのに変わっちゃったみたい。
でも、新しい学校になったのを記念してか、先輩で作家の島田○彦さんが校歌を作詞してくれたそう。
なんか、校歌っぽくないカコイイ詞です。

♪ 世界のどこかで誰かが歌う
  そのメロディとリズムに導かれ
  いまいちど、前に進めば
  きのうの痛みは乗り越えられる
  一人で悩む友の背中をたたいて
  振り出しの一歩から始めよう
  たまには涙もいいものだ
  世界を見る目が乾かぬように
  船には岸、闇には光、君には力を ♪

投稿: kiwi | 2007年4月19日 (木) 20時13分

今学校(特に高校)は大きく変わってますよね。
公立とはいえ、コース制から始まり、総合制、単位制とめまぐるしく変化しています。
中高一貫校や、高大連携・飛び級など、これからどうなるんでしょう。「不易と流行」の判断がむつかしい局面がありますね。
62歳で逝ってしまわれるのはあまりにも寂しすぎると思います。その年代はたぶん、kiwiさんおっしゃるように、学園紛争まっさかりの時、中心になって論争・改革された先生ではないかと察します。

>栃ななさん。
私の通った高校も田舎ですが、1クラス50人超で12クラスありました。
高校の時から下宿しましたよ。いわゆる団塊世代から少しずれてはいるんですが・・・。(^^;

投稿: kouyou | 2007年4月19日 (木) 21時18分

ウチの高校は、学園紛争が飛び火した幾つかの学校の一つでした。
私が入学したときは、既に伝説みたいな感じでしたけどね。
その時に生徒会や制服、定期テストなんかが撤廃されて、自由な雰囲気があり、それに憧れて入学する生徒が多かったから、もしかしたら、他の公立高校に比べてクラス数が多かった方かもしれません。

投稿: kiwi | 2007年4月19日 (木) 21時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46404/6141672

この記事へのトラックバック一覧です: 梅ちゃん会:

« 今年の藤\(^o^)/オワタ | トップページ | 蓮鉢周り »