« かなまら祭り | トップページ | セリバオウレン »

かなまら祭り(2)

かなまら祭りレポートの続きです。

まず、不思議なエリザベス御輿ですが、女装会館エリザベスというところからの寄付なのだそうです。ネットで調べて分かったのですが、御神輿の画像を拡大してみたら納得!

07_1
交通整理をしてらした方はお仲間なんですね。

07_2 前回書いたように、御祭神はふいごの神様でもあるので、御火取祭という、火打ち石でつけた火を鞴(ふいご)で大きく起こし、その火を蝋燭に移して神様に捧げるという儀式で始まります。

 

 

その後、女の子達による巫女舞や神楽といった祭事が執り行われ、御神酒(濁り酒w)が振る舞われます。
02_11 07_3  

07_7 御輿に御霊が入ります。

また、境内では神前に供える男形と女形を大根を削って作っていました。
外国人の観光客も参加していました。
071 ちょっと危なっかしい手つき。(包丁は日本と外国では使い方が違うんですよね。)
072 こんなのを作ります。

07_4

祭りでは、ありとあらゆるものが盛り込まれています。「とにかく楽しもう」というカラッとした江戸文化の現れでしょうか。
着物の貸し出しもしていて、外国人の人たちは大喜びでした。

 

 
07_5 愉快なテキヤのおじさん

07_10 お賽銭を上げてお参りしていたおじいちゃん。 

 

 

07_6 いなせなちびっ子

07_8 いよいよ御輿の巡行が始まります。

07_9

境内にはこんなものもありました。

01_18 長十郎梨です。

02_12 私が子供の頃は、梨と云えば川崎生まれの長十郎でした。

今は作る農家も少なくなってしまいましたが、今は復活させようとの動きがあります。

 

かなまら祭りは毎年4月の第1日曜日に行われます。地元の人間も外国人も、おかまちゃんも分け隔て無く、笑顔の絶えないお祭りです。宜しかったらいらっしゃいませんか。

|

« かなまら祭り | トップページ | セリバオウレン »

コメント

いろんなお祭りもあるものですね~。
どんな顔してみて歩けばいいのか戸惑っちゃいますよ。
愉快にわっはっはって感じですね。

ステキなプレゼント届きましたよ~。
土日を挟んだので心配でしたが、キッチンペーパーも乾く事無く、無事に届きました。
ありがとうございました。m(_ _)m
取り急ぎコップに挿しました。
明日にでもあのサイトを参考にやってみようと思います。
今日これから切手出しに行きますから待っていてくださいね~。
ありがとうございました。

投稿: みつ | 2007年4月 2日 (月) 14時00分

またまたドジです。
フクシアと一緒で良いって言ってたんでしたよね?
郵便局まで行って気が付きました。(^^;ゞ
出す前に気が付いて良かった・・・。
毎度の事で自分でも呆れちゃう~~~。
という事で借金しておきます。m(_ _)m

投稿: みつ | 2007年4月 2日 (月) 17時11分

「かなまら祭り」はTV番組で見た事ありましたが、なかなか愉快な祭りですね。さすが江戸っ子ですよね。
寅さんが「てやんでぇ」とか言いながら出てきそうです。
長十郎は川崎生まれでしたか。おいしい梨ですよね。私の田舎は二十世紀で、とんでもない手間がかかる梨です。

投稿: kouyou | 2007年4月 2日 (月) 20時58分

みつさん
やっぱり3日じゃ着かなかったですか。
でも、乾いていなかったようでヨカッタです。ちょっと重くなったけど、水をたっぷり含ませたのが正解でした。
フクシアの挿し木、がんばらなくちゃ。

kouyouさん
本当に、笑顔がいっぱいのお祭りで楽しかったですよ。ゲイ(?)の人たちも、普通の(?)人たちと一緒に楽しんでました。あのエリザベスが商店街を練り歩くんですからインパクトありすぎ!
いつ頃の江戸時代から始まったのかは分からないそうですが、きっと化政文化とか、もっと後の「ええじゃないか」なんて流行った頃のあっけらかんとした時代なんじゃないかと思ってます。
小さな境内なんですが、まるで満員電車の中みたいに混み合って、その人達がみんな笑顔なんです。すごいパワーをもらいました。

投稿: kiwi | 2007年4月 2日 (月) 21時15分

やった♪
かなまら祭りのレポート待ってたんだった。
出遅れてスミマセン(_ _。)。。
詳細な画像&報告ありがとうございました。
楽しそうな祭りですね~~っっ。
桜の下 ハッピ姿は日本の祭りなのに
色々な意味でワールドワイドな…やっぱり奇祭!!
行きたい見たい 雑多な祭りは好き(*^∇^*)♪
祭りも時代に合わせて変化するんでしょうね~。
長十郎。カッコイイ。
子供の頃に慣れ親しんだ味って舌が覚えていますよね。忘れられないの。

投稿: ゆりりん | 2007年4月 4日 (水) 22時20分

長十郎は堅い梨で、その後に出てきた水分の多い二十世紀がポピュラーになると、すっかり廃れてしまったんです。
 
エリザベス御輿の担ぎ手は、混んでてよく見えなかったけど、オッサンの声なので、よもやあのような方々とは...
 
ワールドワイドだけでなくジェンダーワイドな祭りです。

投稿: kiwi | 2007年4月 5日 (木) 16時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46404/5945585

この記事へのトラックバック一覧です: かなまら祭り(2):

« かなまら祭り | トップページ | セリバオウレン »