« 今週の庭仕事メモ(07年2月25日) | トップページ | 破れ傘 »

福寿草が咲きません!(つД`)

前回の「今週の庭仕事」にも書きましたが、家の福寿草がこんな姿になりました。

Photo_263 。・゚・(ノД`)・゚・。

ポットから抜いてみたところ、根が短く切られていたので、多分、寄せ植え用だったのかも。それと日当たりが悪いのも原因かも知れません。

でも、脇から葉が出てきてますね。このまま育てたら成長してくれるかも...と一縷の望みを持っています。

美しい福寿草の画像はゆりりんさんのブログでどうぞ。こんなのが見たかったなぁ。でも、園芸をやっていると気が長くなり、うまく育たなかったら、次こそは!とファイトが出てきます。これから特別看護体制で見守ろうと思います。

この子はだめだったけど、福寿草って、よく雪の間から目映いばかりの黄金の花を咲かせて春を告げる花ですね。そのために元日草(がんじつそう)や朔日草(ついたちそう)の別名もあるそうです。ところで、春に咲く花って、群生する黄色い花が多くないでしょうか。
蝶々はなぜ菜の葉にとまるのか』(草思社/著者: 稲垣栄洋・三上修)で読んだのですが、植物の生きるための知恵によるものなのだそうです。

蜂や蝶に先駆けて活動を始める虻(アブ)は、飛ぶ距離も短いため、色々な種類の花に無節操に飛び回り、そのため、せっかくの花粉を全く違う花に運んでしまうのだそうです。それでは受粉できないので、虻の活動する時期に咲く花は群生して咲くものが多く、また、黄色い花が多いのは虻が黄色を好むためだそうです。

タンポポも群生して咲く花ですが、よく聞くのは、自家受粉ができない在来種のタンポポが、単独で受粉して繁殖できて年中咲く外来種のせいで絶滅の危機に瀕しているそうですね。外来種との雑種も増えているそうで、在来種15種のうち9種がレッドデータブックで「絶滅の恐れがある種」に指定されているとのことです。

気象庁では染井吉野だけでなく、タンポポの開花状況も観測しているそうで、敷地内に在来種の種を蒔いて観測しても、芽が出なかったり、出ても開花しなかったりするとのこと。

春の風景も徐々に変わりつつあるのですね。

|

« 今週の庭仕事メモ(07年2月25日) | トップページ | 破れ傘 »

コメント

福寿草がこんなにむつかしいなんて思いもよりませんでした。(^^;
でも、さすがにkiwiさんですね。なんやら緑の葉っぱが出てるじゃないですか。私のはなんやら茶色くなって、まもなく消えてしまいそうです。(^^;
同時期にゲットした雪割草は花がたくさんついてるんですが・・・。

メギツネさん。
ムシトリスミレですが、多肉とは全然違うみたいです。湿ったミズゴケ単用で今のところ問題ないみたいです。
コバエが10匹近く捕獲されてます。増やすぞ~。(^^)

投稿: kouyou | 2007年2月26日 (月) 21時42分

福寿草は根が大きいので、地植えか深鉢で育てないとだめみたいですね。取りあえず肥料をやって様子を見てます。

投稿: kiwi | 2007年2月26日 (月) 22時23分

お正月の寄せ植え用に根を切り詰めたポット苗だったのかもしれませんね~。
私が一番最初に福寿草を買った時は地掘りの大株がムシロの上に並んでいました(さすが田舎でしょ♪)。
で、欲しい芽数だけ自分で根を痛めないように切り分けて購入するんです。
福寿草の根っこはボーボーなんですョ。私が昔、買ったとき割合としてはダスキ○モップ半枚分の根っ子に芽が2個。
こんなゴツイ山野草はありえないと思ったものです(*^m^*)
今年は葉を大事に肥料あげて根を伸ばしましょうね~私も頑張ります。

投稿: ゆりりん | 2007年2月27日 (火) 21時19分

こちらでも、たまにそういう状態で売っているのを見かけます。でも、芽を切り分けてはくれないのですご~くお高いの。
 
がんばれ、ウチの福寿草!

投稿: kiwi | 2007年2月28日 (水) 12時26分

雄しべと雌しべの中だけみたいな形になってしまったのですね~~。
葉っぱを育てて来年は 咲かせてあげてくださいね。
昨日、1芽250円で売っていました。
安いな~と思ったのですがウチにもあると思い買いませんでした。
 
KYOUYOUさま、増えるの期待してます。

投稿: メギツネ | 2007年3月 4日 (日) 07時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今週の庭仕事メモ(07年2月25日) | トップページ | 破れ傘 »