« 2007年! | トップページ | ポルチーニ »

schade

昨日は久々のドイツ語の授業でした。月曜日のクラスなので移動祝日(※)に重なることが多く、他の曜日のコースより授業数が少ないのです。(※ハッピーマンデーとも言いますね。でも、こういう訳の分からないカタカナ語はどうにかならないものでしょうか?)

約1ヶ月ぶりの授業で、しかも後半はビデオで聞き取りの練習をしたので、ヘトヘトになりましたが、授業中に先生がシュトーレンを振る舞ってくださいました。(クリスマスケーキですが日持ちがします。シュトーレンの画像はこちら

授業が終わる頃、先生が4分の1程残ったケーキを誰かいらない?と言ったのですが、誰も手を挙げなかったので、私は思わず日本語で「じゃ、もったいないんで...」と呟いて戴きました。

ここでタイトルの「schade」(シャーデ)なのですが、先生が「『もったいない』はドイツ語ではシャーデって言うんだよ。」と仰ったのです。この単語は、例えば、「買ったばかりの傘をなくしちゃった」-「あぁ、それは残念」のように「残念!」という意味では既に初級の頃に習っていて、ずっとそういう使い方しか知らなかったのですが、家に帰って辞書を調べたら、例えば時間を無駄にしたときに「あの(無駄になった)時間がもったいない!」と言ったり、「この服は庭仕事にはもったいない」と言うときの「もったいない」にぴったりな言葉だということが分かりました。辞書を引くときに、1つ目の説明だけみて分かったつもりでいたのではダメだということを思い知らされました次第です。

広辞苑で「もったない」を引くと、

  1. 神仏・貴人などに対して不都合である。不届きである。
  2. 過分のことで畏れ多い。かたじけない。ありがたい。
  3. そのものの値打ちが生かされず無駄になるのが惜しい。 

とありますが、ドイツ語のshadeは3つ目の意味を持つ言葉なんですね。私がブログのタイトルに付けた「もったいない」は、元々、2番目の「(私のようなものに)こんなことをしていただいて『もったいない』」という場合などの感謝と謙譲のニュアンスが好きで付けたものです。shadeにはここまでの意味は無いようですが、よい言葉だなぁと思いました。

|

« 2007年! | トップページ | ポルチーニ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2007年! | トップページ | ポルチーニ »