« ドイツ語学習用DVD(2) | トップページ | 日本語って難しい...もちろん英語も... »

クリスマス・パーティ

昨日はドイツ語学校のクリスマス・パーティがありました。先生達もこの日はソーセージを焼いたり、ビールをサービスしたりと普段とは違った顔を見せていました。また、少しですが、クリスマスグッズを売るお店も出て、ドイツのクリスマスの雰囲気を久しぶりに、ほんのちょっぴりですが味わいました。私は、初めてのヨーロッパがドイツで、たまたま11月の終わりに行ったのですが、旅の後半、12月になってドイツのクリスマス市を見て大感激。翌年、再びクリスマス市を観にドイツに旅行したほどです。

J0172484

ドイツでは12月にはいると、あちこちの町でクリスマス市が立ちますが、中でも有名なのはニュルンベルクのクリスマス市です。市のHPで美しい壁紙を見つけたので、この画像で本場ドイツのクリスマス市の雰囲気を味わってくださいね。

  • 美しの泉(Der Schöne Brunnen)
  • 屋台の並ぶ広場(Blick über den Markt)
  • こちらはライブカメラのサイト(時差が8時間あるのでイルミネーションが綺麗な時間帯に見るのはむずかしいのですが...)

パーティの会場に到着してすぐにグリューヴァインをまず一杯。グリューヴァインとはシナモンやクローブなどのスパイスにオレンジを加えた赤ワインを鍋で温め、砂糖で甘く味付けをした飲み物で、クリスマス市を見て回って冷えた体を温めるのに欠かせません。ドイツでは陶製のカップに入れてくれます。料金にはデポジットが含まれていて、カップを返すと、その分のお金を返却してくれるシステムですが、初めてのドイツ旅行の時、フランクフルトのクリスマス市では一緒におもちゃのコインのようなものを渡されました。ドイツ語も分からなかったときなので、理解できなかったのですが、それは、自分の店で買ったグリューヴァインのカップだと分かるように、カップと一緒に返すものだったようです。2度目に行ったニュルンベルクのカップは今でも家で使っています。

グリューヴァインのあとは、ドイツビールを...って、飲んでばっかりですね。ビールはヴァイツェンビア(Weizenbier)という小麦を原料とした白っぽくてやや濁った感じのビールでした。

会場にはサンタクロースもいて(これももちろん先生。ご苦労様です。)、「いい子にしてたかい?」と聞かれたので、「もちろん!」と答えたら、プレゼントをくれました。

戴いたのはこれです。↓

Photo_18 ドイツの伝統的なクリスマスケーキでシュトーレンといいます。ナッツやラム酒につけたドライフルーツを練り込んだ、しっかりとしたフルーツケーキで、素朴な美味しさがあります。薄くスライスしていただきます。

美味しいけれど、作り方を知ると、2枚目、3枚目と手を出すのをためらってしまいます。というのは、焼き上がったケーキに溶かしたバターをかけて、さらにその上にたっぷりと粉砂糖を振りかけるんです。

ところで、サンタクロースがいたと書きましたが、もちろん、誰でも知っている赤い服を着て白いあごひげを生やしたあのサンタクロースです。でも、このサンタのイメージが世界中に広まったのは、コカ・コーラが宣伝にこのサンタのイメージを使ったからだそうです。

ドイツ語を勉強していると、言葉だけではなく、文化として、ドイツの風習を学ぶことも多いのですが、身近ではないので、何回聞いても忘れます。でも、クリスマスは、日本でも子供の頃から一番楽しい日の一つだったし、興味を持って聞きました。

キリスト教の様々な風習は、元々、土着の信仰に基づいた風習に上手く合わせて作られたものが多いのですが、ドイツでは元々12月6日に聖ニコラウスの日というのがあり、この日、ニコラウスはお菓子の入った袋を持って、家々を回ります。いい子にはお菓子をくれますが、悪い子は、なんと、ループレヒト(Knecht Ruprecht)という従者に鞭で叩かれるんだそうです。何となく、なまはげの風習と似ていますね。イラストなどで見ると、大抵人間の形をしていますが、オーストリアではルプレヒトではなく、クランプス(Krampus)といって、その姿は角が生えていてまるで魔物のようで、まさしく「なまはげ」です。

シュトーレンでよかったぁ...

|

« ドイツ語学習用DVD(2) | トップページ | 日本語って難しい...もちろん英語も... »

コメント

クリスマス市って長いんですね。日本で言えば祭りの屋台に近いんでしょうか?
それにしても、日本では長くて3日ほどですよね。写真ではすっごい賑わいのようですが、毎日毎日この状態ってちょっと想像できません(^^;。

投稿: kouyou | 2006年12月17日 (日) 16時09分

キリスト教では、12月の最初の日曜日からイエスの生誕を待つ風習があり、これをアドヴェント(降臨節)と呼ぶようで、この頃から既にクリスマスムードで一杯です。大都市の広場では毎晩、小さな町では週末だけだったりしますが、こうしてクリスマス市が立ちます。日本人からすると、毎日が縁日みたいです。メリーゴーランドなんかも出たりして、本当に賑やかです。
聖ニコラウスは6日に既に来ているので、クリスマスにプレゼントをくれるのは幼子イエスとなっていて、ニュルンベルクのクリスマス市のシンボルも本来は子供です。(見栄えがいいので、美女がそれに扮しているようですが。)
ドイツ語圏の家はよく、窓の下に花を飾りますが、花のないこの時期でも工夫を凝らして飾り付けしているのをよく見かけます。精神的な豊かさを感じる光景です。

投稿: kiwi | 2006年12月17日 (日) 18時15分

ライブカメラ見ると、今は日曜の昼下がりのようで、人が多いですね。
3週間ですかぁ。すっごいですね。
こちらのルミナリエは当初クリスマスイブまでの3週間でしたが、今は混雑がすごくて危険なため20日頃までに短縮されました。
流れに沿って動く(動かされる(^^;)だけなんで、2回くらいしか行ってませんが、来年は経費の問題で開催が危ぶまれています(毎年言われてますが・・・)。
厚みというか、深みが比べものになりませんよね。比べる事が間違ってるんでしょうが、なんだかなぁ(^^;。

投稿: kouyou | 2006年12月17日 (日) 21時08分

こんにちは。
お久し振りです。
クリスマス市すごい人ですね。
クリスマス市は主に皆さん何を買いに来るんですか?
クリスマスの飾りやプレゼント?
それともお祭りを楽しみにくるのかな。

そもそもkiwi様はドイツに興味を持ったのはどういう事からでしょうか?
旅行に行って好きになったか、好きだからドイツに行ったのかな~。

投稿: みつ | 2006年12月18日 (月) 11時02分

みつ様、こんにちは。
やはり、クリスマスの飾り(キャンドルとかリース、etc.)を売っているお店が多いですが、食べ物を売る屋台が多いですね。焼いたソーセージとか、細かく切ったジャガイモを平べったくまとめて焼いたものとか。この辺りは、縁日のたこ焼き、焼きそば、お好み焼きに匹敵するんじゃないでしょうか。あと、クレープやチョコバナナ、量り売りのお菓子とかもありました。
 
ドイツに初めて行ったのは、ポスターか何かでノイシュバンシュタイン城の写真を見て、それを見てみたいと思ったからです。ドイツ語を始めたのは、ドイツ語圏の国に旅行するのに便利だからという単純な理由です。ドイツ語圏の国は、公共の交通システムが整備されていて個人旅行がしやすいというのも何度も旅する理由です。私は中世の面影が残る小都市(日本で言えば、小京都と呼ばれるような都市)を訪れるのが好きで、こういう小さな都市にも比較的簡単に行くことができますから。美味しいものを食べることはあまり期待できませんが...(あ、ビールは別です。)

投稿: kiwi | 2006年12月18日 (月) 15時20分

賑やかで楽しそうですね~。
私はドイツは行った事無いけれど、主人が大学生の頃、休学してリュック一つ背負い行きの旅費しか持たずにヨーロッパを2年間放浪していた時にドイツにも行った事があるそうです。(30年近く、昔の話ですが(^^;ゞ)
気質が日本人と似ていてとても良い街だったと言う印象だそうです。
私もいつか行ってみたいな♪

投稿: みつ | 2006年12月19日 (火) 10時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ドイツ語学習用DVD(2) | トップページ | 日本語って難しい...もちろん英語も... »