« 夢のようだ~!ドイツ語環境ができた! | トップページ | 大輪鴇草 »

スパイウェア

ワールドリンゴという翻訳サイト(※)を開こうとしたら、いきなり、下のようなポップアップ画面がでました。

Systemdoctor

※Windowsの多言語ツールと連携している翻訳サイト

パソコンが壊れそうだよなどと脅しておいて、SystemDoctorという無料のソフトをインストールしますか?などと言ってます。

[キャンセル]ボタンをクリックしても[×](閉じる)ボタンをクリックしても、ダウンロードの画面に強制的に誘導されました。結局、IE(インターネット・エクスプローラ)を閉じてから、ハードディスクをチェックしましたが、変なプログラムはインストールされていないようで安心しました。

これは、いわゆるスパイウェアという詐欺ソフトで、うっかりインストールしてしまうと、後で代金を請求されるという、インターネットの「振り込め詐欺」みたいなものです。今やインターネットに常時接続というのは当たり前になってますが、言わば、家の玄関を開けっ放しでいるようなものだし、あちこちのサイトをクリック一つで訪問するというのは、どんな人が住んでいるか分からない家のドアを開けるようなもの。まだ、日本には玄関を開けっ放しでも平気な地域はあるかもしれませんが、コンピュータの世界では、そうはいきませんね。(そう言えば、昨日テレビでビートたけしが40万円請求されたって言ってたけど、どんなサイトを見たんだw)

皆さんもお気を付けください。

誤解があるといけないので加筆します。これはワールドリンゴが悪さをしているのではなく、スパイウェアとは様々な(人気のあるサイトなどに)潜んでいるものです。

|

« 夢のようだ~!ドイツ語環境ができた! | トップページ | 大輪鴇草 »

コメント

ウィルスとかワームってのは明らかにワルサをしますから、徹底的に防御しますが、スパイウェアってのはなかなかつかみ所が無いなぁってのが私の印象です。
でも、自分が知らないうちにネット経由で情報が取られるっていう点ではゾッとしますよね。
私は毎週1回SpyBotというソフトでチェックしてます(ちょっと神経質カモ)。引っかかるのはたいがいCookie関連のようですが、メッセージ見た感じでは問題(自分のPCシステムに)は無さそうなので、即削除をしてます。(削除するとシステムに悪影響が出るかもねっていう注意が出ますが)

月一(できれば(^^;)で「すっきりデフラグ」によるHDのメンテと、DriveImageによるバックアップと合わせて、ここ数年ダルマさん状態には陥ってません。ヤバイってのは2回ほどありましたよ。とにかく、バックアップにつきます。たかが1~2時間放置ですからね~。庭仕事してる間に終わってしまいます。(私は水槽のメンテ中(^^;)

投稿: kouyou | 2006年11月 6日 (月) 20時10分

私も、kouyouさんほどではないですが、HDのメンテナンスはやっていました。元々、メインフレームからコンピュータに入ったので、PCの脆弱さはよく分かっていたのですが、ネットに繋がっていることが当たり前になると、外からの攻撃にも備えなくてはならないので神経質にならざるを得ないですね。私も早めにバックアップツールを購入することにします。

投稿: kiwi | 2006年11月 6日 (月) 23時14分

何も知らないから、私なら無料とか推薦なんて書いてあったらきっとOKをクリックしてしまっています。
怖いですね・・・。

サルビアコッキネアの二つ目の芽が出てきました。
7粒蒔いたけど発芽率ってどのくらいなのでしょう。
7号の鉢ですがコッキネアは一つの芽でどれ位大きくなりますか?
教えてくださいお願いします。

投稿: みつ | 2006年11月 7日 (火) 10時02分

みつ様へ
サルビアコッキネア、意識して種を蒔いたことがないので、発芽率ってよく分からないんです。また、お送りしたのは自家採取の種なので、未熟なものも混じっているかもしれないし、半分発芽したらよい方なのではないかと思います。
ただ、門の前(門が少し引っ込んでいるので、敷地内)に置いておくと、その前の側溝に溜まっている土に種がこぼれ、スクスクと(?)成長するくらいですから、そのポットのまま当分育てたらいいと思います。(植え替えは、株分けみたいな感覚で)
最終的には、花穂が上がっている状態で40~50センチくらいの大きさになります。
 
一般的に、枝数を多くするために摘心というものをしますが、この花の場合、開花期が長く、一つの花穂が咲き終わりかけたら、次の脇芽は既に見えているので、その上で切り戻し、ということをやることになるため、自然とこんもりとした姿になります。ですから、一つの穂にまだ花が残っていても、先に咲いた下の方の花が結実してしまってあまり綺麗な状態でないなら、切ってしまった方がいいと思います。
 
種は、開花期の終わりの花穂を残して採取してもかなりの数が採れるはずです。

投稿: kiwi | 2006年11月 7日 (火) 11時10分

ありがとうございます~。
よく分かりました。
このまま育ててみますね。

私が毎日覗きこむから恥ずかしがって出てこられないのかもです。(^^;ゞ

投稿: みつ | 2006年11月 7日 (火) 11時19分

みつ様
私も2ちゃんでkiwiさんからコーラルニンフの種を頂いてから、この世界に足を踏み入れたんです。
その後、こぼれ種から発芽したという(最初は意味が理解できませんでした(^^;)苗を頂いて、これがつい先日まで綺麗な花を咲かせ続けてくれました。種もしっかりと採取できました。
サルビアって例の赤いのしか知らなかったんで、このピンクの花は衝撃的でした。
私のような初心者でも元気に育てられたんで、きっとうまくいきますよ。(^^)

投稿: kouyou | 2006年11月 7日 (火) 21時56分

先日、山草スペースを掘り返し整理していたら不思議な芋を一つ発見しました。
心辺りの無い芽付きの地下茎も発見…。
喜ぶべきか悲しむべきか。
ラベル管理を徹底しないと正体不明ちゃんが増えて訳が分からなくなりそうです(T_T)
それにしても寒い !!
こちらも発芽したチビたちが縮こまってます。

投稿: ゆりりん | 2006年11月 8日 (水) 14時07分

ゆりりん様
私の場合、鉢植えばかりなので、あんまり正体不明のものって無いけど、その辺に適当に土を捨てて、わけの分からないものが発芽してくるというのは時々あります。
ゆりりんさんの場合、お母様も植物を植える(だけでなく、抜いちゃう)ようなので、ラベル管理は必要そうですね。
あ、そうだ!先に「○○植栽予定地」とかラベルたてちゃえば?

投稿: kiwi | 2006年11月 8日 (水) 15時36分

kouyou様

私も古いPCにはSpyBotを入れていました。
今回、新しいPCについていたマカフィーのセキュリティソフト(試用版)を入れておいたので安心してましたが、これはウィルスチェックしかしてくれないのですね。よくみたら、同じく試用版のファイナルストッパーというのが入っていたので、インストールしてチェックしたら、いきなり2つのスパイウェアが検出されました。試用期間が過ぎたときのために、既に製品版のものは買ってあります。
PCを購入するときにお手伝いする友達には、脅しておくのですが、目に見えないからか、セキュリティに関しては、言われないと無頓着の人が多いですね。(デフラグなんかもそうですね。こまめにやっている人って以外といなさそう。)

投稿: kiwi | 2006年11月 8日 (水) 15時59分

SpyBotは起動すると注意を促すアラートが出たり、ウィンドタイトルに「自己責任で使用して下さい!」なんていう脅しが出るんで、最初は恐る々使ってたんですが、すぐに「バックアップ取ってるんでまあいいか」という自己暗示で気軽にやってます(^^;。バックアップと連携させる事は必須でしょうね。(^^)
ブロードバンド常時接続(もはや死語カモネ)が普通になってきたからこそ、慎重にならないとアカンのですが・・・。停電でもしない限りルータは動き続けてるってことは、グローバルのIPアドレスは固定と同じですよね。
ポートの設定なんかは、一般的なものは全部開いてるのがデフォですよね。FTPなんかWebページ作らない限り、普通は使うことのないのに21番が無条件で開いてるなんて、考えてみりゃ怖い話です。

前にも書きましたが、デフラグについては「すっきりデフラグ」はいいフリーウェアですよ。設定が柔軟で、わかりやすいです。私はCドライブについてはチェックディスク後にデフラグをする(再起動時は自動ログオン)ようにしてます。起動一発全自動です。(^^)

小物ソフトで書き忘れがあったので追加します。カレンダーソフトです。数ある中で「DSKCAL」を一度使ってみて下さい。常駐ものではありません。これのカスタマイズは言うこと無しです。

投稿: kouyou | 2006年11月 8日 (水) 19時32分

kouyou様
すっきりデフラグ、早速入れて、とりあえずスキャンディスクを使ってみました。システムが完全に起動する前にやってくれるから良いですね。
ただ、ノートだとディスプレイを単独で電源オフできないので、青い画面をずっと眺めていなくてはなりませんでした。(焼き付きそうな不安が...)
そう言えば、オフィスでまだダム端使っていたときに、「電源を落としたのに画面が出てるんですが~!?」という問い合わせがありました。見に行ったら、起動時に表示される会社のロゴみたいなのが画面に焼き付いていました。スクリーンセイバーなんてものが無かった時代の話です。

投稿: kiwi | 2006年11月 9日 (木) 12時28分

液晶は焼き付かない!って言われてたけど、そんなことないですよね。
私はあまり気にしてませんが、TOSHIBAであれば、Fn+F5で強制画面消しって技がありますが、次に戻すときが暗中模索状態で、「このまま戻らんかったらどないしょ」っつう不安があることは否めません。(^^;

投稿: kouyou | 2006年11月 9日 (木) 20時58分

FN+F5を押すと、
LCD→LCD/CRT→CRT→LCD/TV→TV 
と変えられますが、このことですか?
LCD(液晶)からCRT(ブラウン管)に変えてみたところ、真っ暗になって焦りました。
手探り(?)で、LCDに戻りましたが、このファンクションて、Windows起動前でも使えるってことなんですか?

投稿: kiwi | 2006年11月 9日 (木) 23時17分

そうです。焦りますよね(^^;。BIOSレベルで切り替えるハズなんで、Win起動前でもいくハズです。起動すればイニシャライズされて戻ると思いますが・・・。
でも、すっごく焦るのは事実ですネ。
Fn+F51回目は現状表示、2回目から次に切り替わるってのを覚えておかんと、いつまでたっても真っ暗です。

投稿: kouyou | 2006年11月 9日 (木) 23時25分

CRT→再びLCDに戻すのは、FNを押したままF5を4回押せばいいのか...

深呼吸してから、FN+F5を2回、再び深呼吸してFN+F5を2回...
なら、いつか戻る。独り言です。

投稿: kiwi | 2006年11月10日 (金) 16時25分

青い画面でコレができるかまだ試してません。後日レポします。

まだFn+F5でできるからいいんですが、昔はコンパネ開いてツールを使わんとできんかったマシンがありました。
一旦真っ暗(黒)になると、コンパネ開こーにも見えませんから、おいおい、ドナイスンネン状態で、外部モニターを求めてかけずりまわった記憶があります。(^^;
さらに、やっと手配したモニターが、解像度が合わなくて画面は斜めの縞模様。アッタマに来ましたねぇ。

投稿: kouyou | 2006年11月10日 (金) 19時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夢のようだ~!ドイツ語環境ができた! | トップページ | 大輪鴇草 »