« 今週の庭仕事メモ(11月05日) | トップページ | スパイウェア »

夢のようだ~!ドイツ語環境ができた!

新しく購入したXPマシンにはOffice2003が標準でインストールされています。ここで困ったのが、以前のマシンで使用していた多言語ツール“Office Proofing Tools”(使うのはドイツ語だけですが)が、「for Microsoft Office XP」というものなので、Office2003では使えなかったのです。(インストールしようとすると警告とともに処理が終了してしまいました。)

しかし、あきらめきれず、色々検索していたら、公式サイトのQ&Aに、下のような説明が。

注 Microsoft Office XP と Proofing Tools for Office XP をインストールしていて、Office 2003 Editions にアップグレードする場合には引き続き Office XP の Proofing Tools が使用できます。ただし、Office 2003 Editions をインストールした後に Proofing Tools for Office XP をインストールした場合、Office 2003 Editions で Proofing Tools は機能しません。

これを読んで、試しにWord XPだけをインストールしてみたら、Proofing Tools for Office XPがインストールできました。もちろんWord2003と一緒に使えます。

おまけに、今まで翻訳は「独←→英」しか使えなかったのに、「独←→日」が使えるではありませんか!ただ、これはProofing Toolsの機能ではなく、翻訳サイト“Wordlingo”にリンクしているらしいのですが...(下の画像は見にくくて恐縮ですが、「Buch」入力して「本」と翻訳された結果です。)

何でもいいけど、夢のようです!

Word2003

|

« 今週の庭仕事メモ(11月05日) | トップページ | スパイウェア »

コメント

着々ですね。(^^)
Proofing Toolsって翻訳サイトに直結してるんですね。
ローカルでできることはローカルで処理し、それができないときのみリモートに切り替える。ただし、ユーザーは今ローカル処理されてるのかリモート処理なのかはわからない。ってか意識する必要がない。というシームレス処理がネットの目指す方向ですよね。
そういう意味ではProofing Toolsってすごいですね。

だんだんと自分専用のシステムに成長していくと、これが無くなれば何~んもできなくなるんですよね。クラッシュが致命傷になりますから、早め早めにシステムをセーブしてくださいね。

投稿: kouyou | 2006年11月 5日 (日) 17時46分

今、Wordが2003とXPと共存している状態ですが、2003と共にProofing Toolsを使わないと、翻訳サイトとのリンクはできないようです。
苦節5日(?)、ようやく大枚はたいて買ったPCの価値が実感できるまでに、機能UPできたようです。でも、これでも、このPCでできることの何分の1の機能を使っていることやら。

投稿: kiwi | 2006年11月 5日 (日) 18時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今週の庭仕事メモ(11月05日) | トップページ | スパイウェア »