« KB927978って何?(2) | トップページ | すっかりご無沙汰 (;^_^A »

日本人の日本語知らず

ここ数年、「日本語」がブームですね。いつの間にか定着してしまった誤用を取り上げた本やテレビ番組も多く、それらを見ると、結構、間違えて覚えていた言葉も多いことに気づいて、一人で恥じ入ってしまします。

つい最近も、「爆笑」って「大笑い」だと思っていたことが間違いだってのを知り、情けなくなりました。(本当は「大勢で笑うこと」なので、「一人で大爆笑しちゃった(×)」は完全な誤用)

誤用というのとは違いますが、やたらに官僚がカタカナ言葉を使うのも問題視されますね。外国語の新語を日本語で表す努力をせずにそのまま使い、知識がない人にはさっぱり分からない文章が氾濫していることへの批判です。

ドイツの有名な雑誌「シュピーゲル」に3年ほど前から連載されているコラム(←リンク先は独語)があるのですが、これが、ドイツ語の、主に英語に影響を受けたための誤用や地域差による言葉の揺れを取り上げていて話題になっています。というのは、ドイツ語には一応「標準語」なるものがあるのですが、地域差(方言)があるため、方言に標準語が影響されて、それがいつの間にか広がってしまったり、アメリカの映画や文化にドイツ語が影響されたりしている例をこのコラムが取り上げたので、議論好きのドイツ人に火が付いたという感じを受けます。

日本だと、例えば新聞は、大阪で発行されようが、東京で発行されようが、同じ「日本語」で書かれていますが、ドイツの場合は(おおざっぱな言い方だと)方言で書かれています。また、ドイツでは、約10年前に「新正書法」というのが制定され、綴りを統一したのですが、日本では信じられないことに、大手の新聞が新正書法の使用を拒否しました。ドイツ語の場合は、このように、これが正しいドイツ語と言い切れない部分があります。

ドイツ語における英語(特にアメリカ英語)の影響は、元々似ているだけに、それとは分からない形でドイツ語化されているので深刻な問題のようです。

コラムの中に、アメリカ文化に影響された例の一つとして、ディズニー映画の「バンビ」による影響というのが取り上げられていました。(これは、動物をあまり詳しく分類して名付けない日本人にはちょっと分かりづらいのですが...)

バンビは元々オーストリア人(あ、オーストリー人かな?)の作家が書いた本が原作で、日本人には単に「鹿」ですが、本来、ノロジカ(独:Reh)という種類の鹿で、これはアメリカにはいないので、映画化の際、北アメリカの鹿(一般にはdeerですが、多分、シラオジカ)の姿になり、この映画を見たドイツの子供達は、バンビのお父さんを見て、アカジカ(独:Hirsch)だと思うため、(ノロジカとアカジカは本来別の鹿なのに)、雌がノロジカで、雄がアカジカだと間違えて覚えたまま成長してしまうそうです。ドイツ語には、雄と雌にそれぞれ名前がある動物が幾つかあるからです。(リンク先の画像を見ても、私には「全部鹿じゃん!」なのですが...)

英語やドイツ語を勉強していて、例えば、「牛」とか「ウサギ」を和英(独)辞典で引くと、細かく分類されていて頭がクラクラすることがあります。雄と雌を区別した言葉があることも多くて、雄猫(英:tomcat/独:Kater)と雌猫(tabby/Katze)とか言ったりします。(ただ、日本語でも、方言として扱われますが、東北の方では「牛」を細かく分類した言葉があるようですね。)一方、蝶と蛾はドイツ語では一般の会話では区別しないようです。こういった違いは、つまるところ、「興味があるか」とか「身近に存在するか」の違いから来るのでしょう。日本語における天気を表す言葉の多さを欧米人が知ったら、驚くでしょうね。

(この「ドイツ語の揺れ」については個人的な趣味で、また書くかも知れません。)

|

« KB927978って何?(2) | トップページ | すっかりご無沙汰 (;^_^A »

コメント

え?
爆笑って、大笑いのことではないのですか?
みなさん、こういう意味で使われているのだと思ってました。
これは造られた言葉だと思っていたのですが昔からある言葉だったのですね。

今の言葉って 違う意味で使われて そちらの方が後で 意味として書き直されることがありますよね。
子供が小学生の時 私が習った時と漢字が変わっていたこともあります。
「戻る」って昔は大ではなく犬で習いませんでしたか?
年代が違うので大で習ったかしら・・・。
あんまり変えないでほしいですね!

投稿: メギツネ | 2006年11月30日 (木) 17時19分

「戻」はどう習ったかは覚えていないのですが、そう言えば「大」ではなくて「犬」を書いてます。
たまたま手元に昭和61年文化庁発行の「公用文の書き表し方の基準」というのがあるのですが、昭和56年付の「常用漢字表」改正で、「大」になったようです。(日本語の勉強をしていたときに買った本です。)
ということは、私も「犬」で習ってますね。ただ、昭和46年発行の漢和辞典には「犬」が正式(?)で、「大」は略字として載っていますから、以前からある字なんですね。
 
このことを調べていて、また一つ、間違えて覚えていた言葉を発見しました。「人道に『もとる』行為」を、「人道にも『とる』行為だと思ってました。この『もとる』は「戻る」なんですねぇ...

投稿: kiwi | 2006年11月30日 (木) 19時24分

お~い kiwiさま~~!
お元気でしょうか??
更新してないからちょっと心配。。。

投稿: 栃なな | 2006年12月 8日 (金) 13時26分

栃なな様

あ゙~、心配かけてゴメンナサ~イ。
単にさぼっていただけです。(;^_^A
近々更新します。

投稿: kiwi | 2006年12月 8日 (金) 16時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« KB927978って何?(2) | トップページ | すっかりご無沙汰 (;^_^A »