« 画像管理ソフトのテスト | トップページ | KB927978って何? »

今週の庭仕事メモ(11月26日)

先週、植木屋さんに入って貰ったので、花数は少ないのですが、今、柊(ヒイラギ)が咲いています。

Photo_15

少し前に、ブログのコメントで柊が話題になったので、少し調べてみました。柊はモクセイ科の常緑樹で、クリスマスの装飾によく使われるホーリー(holly)と呼ばれるセイヨウヒイラギとはよく似ていますが別種で、こちらはモチノキ科になります。セイヨウヒイラギが赤いよく目立つ実を付けるのに対し、柊は黒っぽい実なのであまり目立ちません。

ヨーロッパでは、冬にも青々としているセイヨウヒイラギに永遠の生命を感じ、赤い実にキリストの血を連想したようですが、日本人も、宗教観こそ異なっても、常緑の植物を不老不死のイメージを重ね合わせたり、特定の植物を畏敬することは多いようです。柊は邪気を払うものと見なされているようで、節分には、柊に鰯の頭の焼いたものを挿して門口に飾るという習慣があります。(残念ながら、飾っているのは見たことがありませんが)

葉に棘を持つのは、冬に青々としているために、動物に食べられてしまわないよう進化したそうです。しかし、棘を持つということは葉の表面積が小さくなり、光合成を行う点では不利になります、だから、幼木の内は棘で動物から身を守り、多少葉を食べられても生き残れるくらい成長すると、棘という武器を捨ててしまうそうです。

そう言えば、家にやってきた時、あんなに棘で武装していたミヤマイラクサも、結実した後くらいから、葉の棘が目立たなくなるほど小さくなりました。これも、子孫を残す準備ができたから、もう食べられてもいいと覚悟したのでしょうか?

Karakusa2_1

  • 発芽確認:日本水仙
  • 新たに開花した植物:なし
  • 開花中の植物:サルビアコッキネアマリーゴールド桜蓼カワラナデシコポーチュラカ(どうにかこうにか)、リンドウコバルトセージビオラ
  • 開花間近の植物:マーガレット
  • 開花終了した植物:ルリマツリ
  • 新たに入手した植物:なし

Karakusa2_1
 
Photo_16
多肉(三日月ネックレスとグリーンネックレス)
玄関の下駄箱の上に飾っています。

|

« 画像管理ソフトのテスト | トップページ | KB927978って何? »

コメント

ちょっと前に頂いた「蕪桔梗擬き」なんですが、2株一緒に5号鉢に植えてましてワサワサ状態になってます(^^)。そのうちの1株から今は20cmくらいまで茎が伸びてきてます(今にして思えば別々の鉢に植えればよかったんですが(^^;)これって花穂なんでしょうか?
この時期ですから、んな訳ないやろーって思ってますが・・・。もし花穂ならちょっとでも暖かい職場に持って行かねばと思ってます。

投稿: kouyou | 2006年11月28日 (火) 19時48分

まだマリーゴールド咲いているのー-?すごー-い。
我が家でもポーチュラカ咲かせていましたが、10度以上で無いと越冬は無理との事なので一度捨てようと思い、切りましたが(根っこを残したまま)、「もしかしたら無事に冬を過ごせるかもわからない」と思いもう一度プランター置きに戻しました。なぜだかなかなか捨てれないのですよね。

投稿: よし | 2006年12月 6日 (水) 08時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 画像管理ソフトのテスト | トップページ | KB927978って何? »