« オーストリー | トップページ | メダカ »

今週の庭仕事メモ(11月19日)

さすがに11月も半ばを過ぎると寒くなってきました。まだ暖房は入れていないのですが、今日みたいに朝から曇っていて雨まで降ってくると、さすがに寒いです。暖房を入れるのは時間の問題でしょうね。

さて、今週の庭仕事なんですが、今週、庭仕事をしたのは植木屋さんです。

毎年この時期に2日かけて庭木を剪定してもらうのですが、やはりプロにお願いするようになってから成長ぶりが見違えるようになってきました。木によっては丸坊主になるのですが、これが刺激となるのか、翌年勢いの良い芽が出るのです。それと、当たり前ですが、株元から間引くべきものは、きちんと地際から切ってくれるので、見た目もすっきりしました。(私がやると細い枝だけを適当に切るものだから、不格好になっていたのを直してくれました。「いい鋏を持っていないもので...」と言ったら、使い古しですがと、十分切れる良い鋏を貰っちゃいました。ラッキー! 刃が湾曲していて研げないタイプの鋏なので、少しでも切れ味が悪くなると、新しいのを買うのだそうです。)

せっかくなので、植木屋さんに色々と質問しました。主に害虫予防の方法です。やはり、冬季(落葉樹が落葉している頃)に石灰硫黄合剤の散布をするというのは大いに予防効果があるようです。また、実際に害虫が発生する4~5月頃にも薬剤を散布すればいいとのことでした。(多分、スミチオンとかオルトランでしょうね。)予防法としては一般的な方法ですが、それすらやっておらずに虫の害を嘆いている愚かな私です。

しかし、庭木がさっぱりとして綺麗になると、私が管理している鉢植えゾーンの汚さが目につきます...orz 片付けなきゃ...

J0236412_3  

Karakusa2_1

  • 発芽確認:クロッカス“ジャンヌダルク”
  • 新たに開花した植物:ヒイラギ(kouyouさんも仰ってましたが、日頃はトゲトゲした葉が邪魔なんですが花は良い香りです。ちなみに、老木になると、葉の棘はなくなるようです。)
  • 開花中の植物:サルビアコッキネアマリーゴールド桜蓼(サクラタデ)、カワラナデシコポーチュラカ(←忘れてた~w)、ルリマツリ(剪定し残しの蕾があった模様)、リンドウ(←これも忘れてた)、コバルトセージ(まだちょっと咲いてます)、ビオラ(先週買った開花株)
  • 開花間近の植物:マーガレット
  • 開花終了した植物:野紺菊
  • 新たに入手した植物:シクラメン(植木屋さんから)、センテッド・ゼラニウム色々(ふうみゃあさんから頂戴しました。普通のゼラニウムは香りが好きではなくて手放したくらいだけど、これは良い香り。)

  

  • 実生で生えていて目障りだったバショウアオキを撤去。(やったのはもちろん植木屋さん)
  • 秋に種まきをしたキンセンカ(ポットマリーゴールドまたはカレンデュラ)をプランターに定植。キンセンカオイルを作るのに必要な花びらを採取するため。

Karakusa2_1
Photo_12
南天も色づいてきました。
 
Photo_13
ちび大文字草は完全に花びらをつけるのを忘れているようです。
 
2
急遽作ったハンギング
門扉に飾っています。
 
Photo_14
これも思いつきで作った寄せ植え
ちょっと地味?

   

|

« オーストリー | トップページ | メダカ »

コメント

どうして こんなダイモンジソウになっちゃったのでしょうね~。
雄しべが花弁になるならまだしも・・・。
逆バージョンは美しくもなんともないですね~~。
来年になったら 花びらできるかしら・・・。
家のダイモンジソウはやっぱり ほとんど咲かずに終わっちゃいました。(涙)

投稿: メギツネ | 2006年11月20日 (月) 13時50分

ヒイラギですが、
>老木になると、葉の棘はなくなるようです。
なんですね。ウチは20年くらいかなぁ。半分くらいの(特に上の方)葉が丸くて、ヒイラギらしくないんですが、肝心の私がゴソゴソ動き回るあたりの葉は尖ってます。イテテーっていっつも学習効果が現れません。(^^;

投稿: kouyou | 2006年11月20日 (月) 17時15分

ちび大文字草のほうは、本来、花が咲くほど育っていなかったんでしょうか?
こんなの初めて見ました。

柊の葉は上から順々に切れ込みが無くなっていくのですか!
私はよく、素手で落ち葉を拾っていて、痛い目に遭います。
ところで、柊の花をお酒に漬けて香りを移して楽しむことができるそうですよ。

投稿: kiwi | 2006年11月20日 (月) 22時38分

そちらではマーガレットが開花間近なんですね。
ほんとに気候の違いを感じます。
羨ましい~。

投稿: みつ | 2006年11月21日 (火) 09時49分

やっぱり石灰硫黄合剤の散布は有効なのね~。
数年前に使ったとき「効き目あり!!」と実感したくせに翌年の冬は一回だけ散布、さらに次の年は散布せずで今またうどん粉だのカイガラムシだのに侵されまくってるんです(T^T)
できない年に限って散布しなきゃという気になるあたり…終わってる。来年だ。来年!!

投稿: ゆりりん | 2006年11月21日 (火) 11時46分

みつ様
家のマーガレットはまだ蕾が見えているという程度なので、開花自体は当分先の話のようです。でも、こちらでは冬には園芸店の店頭に並びだし、晩春まで咲いてくれる便利な花です。

ゆりりん様
石灰硫黄合剤、効き目を実感できるんですかぁ。
狭い庭なので、車をどけたり、塀を汚さないように気をつけたりと、色々と面倒そうで今までやっていなかったのですが、散布器買ったので、この冬は散布してみるつもりです。

投稿: kiwi | 2006年11月21日 (火) 16時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オーストリー | トップページ | メダカ »