« 今週の庭仕事メモ(10月1日) | トップページ | デュランタに翻弄される »

球根植物

地植えできるスペースがあまりないので、あまり球根植物は植えたことがありませんでした。一つには、ユリのような、1年の大半を茎だけか土だけかの状態で過ごすのにやたら鉢が大きい物があることや、暖地なので、チューリップなどは分球しても太らないため、使い捨てのようになってしまうので、なんだか無駄が多いなぁと思ってしまうからです。例外はクロッカス。持っているのがブルーパールという原種系のためか、球根は小さく鉢もそれ程の大きさが必要ないばかりか、ろくに植え替えもせずに春には芽を出し、小さな花を咲かせてくれます。あと、これも別の意味で例外なのが日本水仙(←多分)、いつ頃からあるのか忘れたほどずっと前から家にあり、ここ2~3年は毎年植え替えてやるのに花を咲かせず、ニラのような姿で終わるため、意地になって育てています。

でも、本当は球根植物って好きなんですよね。地面(鉢)の奥底からいつの間にやら茎を伸ばし、地上に現れたかと思うとグングン成長して花を咲かせ、そしてパッと散る、みたいな潔さに引かれます。秋植え球根のほとんどは暗く冷たい冬の後なので、その華やかな姿で一気に春を運んでくるようなイメージも好きです。できれば、花後の葉だけの姿が見苦しくないのがいいですね。その点、ムスカリはいつまでも残るダラ~ンとした葉っぱが嫌で、とは言え、植物をなかなか処分できないので、無駄に鉢を増やしていましたが、今年は植物交換サイトを通じて引き取って貰ったので、その『腐れ縁』みたいなものを断ち切ることができました。言うなれば庭のスペースに『球根枠』みたいなものがあって、戦力外の選手を放出するようなものです。今年導入した鹿子百合は半日陰が好きそうなので、モッコウバラアーチの下に直植えすることにしました。これは野球で言えば『ファーム落ち』と言うよりは、鉢という狭い世界から飛び出て『大リーグに参戦』するようなものです。増えすぎたスカシユリの大半も貰って下さる方が見つかったし、今年庭の球根枠に空きができたため、新たな補強をすることができました。

まずはスノードロップ。和名を雪待ち草待雪草というようです。これは見た目を考えて平鉢に3個と5個に分けて離して植え付け、慎重に土を被せてからさらに腐葉土でマルチをしました。腐葉土マルチは必要なさそうですが、今年、思いつきで山野草の何鉢かに試したところ、生育が良かったのでスノードロップにもやってみました。後から知ったのですが、イギリスでは、日本のように土に鋤き込むより、このように使うことが一般的だそうで、徐々に分解されることで何か良い効果を生むのかも知れません。スノードロップは他の花に先駆けて咲いてくれるはずで、イチローのような役割を期待しています。

続いてオーニソガラム。これは頂いたものですが、写真で見ると華やかで、名前もカタカナだし、まるで大リーグから補強した4番候補です。それに、房咲き芳香水仙と形容詞が2つもつく“リップリングウォーター”という水仙と、思いがけず貰ったラッパ水仙“ピンクパラソル”。これらはニラ水仙に危機感を与えるカンフル剤としての活躍を期待しています。その他にもスーパーで売れ残っていたクロッカス(白-“ジャンヌ・ダルク”)とヒヤシンス(青-“デルフト・ブルー”)も加え、こうしてみると、4番バッターばかり揃えても力を発揮できないどこぞやの球団と違い、多彩な顔ぶれで、来年の春は、WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の再現になること間違いなしです。

|

« 今週の庭仕事メモ(10月1日) | トップページ | デュランタに翻弄される »

コメント

もう球根、植えつけられたのですね。
私は、まだなんです~~。
私が気に入っている球根植物はチオノドクサです。
結構小さな球根でも咲くので重宝してます。
チョット、今年は花が少なかったのですが・・。
スノードロップも良いですよね。
今年咲いた物が あまり葉をのばさなかったので来年は咲いてくれるかどうかと言ったところです。
スイセンは毎年、堀り上げない方が良いと思いますけど。3年に一度くらい。
深~~く埋めておくと 球根は増えませんが
球は大きくなりますよ~~。

投稿: メギツネ | 2006年10月 2日 (月) 13時11分

水仙、あまりいじらない方がいいんでしょうか?鉢植えなもので、一応、葉が全部萎れたら、すぐに元肥入りの土に換えて植え込むんですが。
よく、植物に話しかけるといいとか言いますが、「ほら、ほら、あっち(新しく買った球根)は、もう花芽がでたよ。」とかブツブツ言って(=野村監督の戦法)、やる気を出させようと思っているんですがねぇ。

投稿: kiwi | 2006年10月 2日 (月) 15時29分

私の家からは少し遠いですが「水仙郷」なる所があり、ずっとずっと昔球根を買って帰って以来の放置状態の地植え曝殖水仙があります。掘ればゴロゴロと球根が出るので、ややこしいくて放置してます。
ラッパとか種類があるみたいですが、なにぶん咲いてた頃は興味・関心もなく、意識して見てません(^^;。
私んとこのは何年も放置され、無視されてますが、阪神タイガーズの誰かのような性格かもしれません。機会を見てお送りしましょか。

投稿: kouyou | 2006年10月 2日 (月) 23時28分

おはようございます。

野球の事はあまり分かりませんが、とても面白かったです。

チューリップや水仙を調べてみて、沢山の種類があるのに驚きました。

家にも咲いた事の無い水仙があります。
芝生の間から顔を出し、見つかるとすぐに主人に引き抜かれていた水仙を、昨年から救助して一箇所にまとめて植えていたのですが、今年は咲いてくれませんでした。

私は春一番に咲いてくれるクロッカスが好きです。
今年、お隣から沢山球根を頂いたので、早速今年買ったチューリップアンジェリケと水仙と一緒に植えてみましたが来春花が見られるか楽しみです。

投稿: みつ | 2006年10月 3日 (火) 11時07分

URLがあったので 遊びにきました^^
球根植物 実は私もあまり育ててません。
チューリップは失敗ばかりだし^^;去年からユリを少し始めたくらいです。
スノードロップはかわいいですよね~♪
最初は3球だったのに、今年花が少なかったので数年ぶりにほりあげてみたらぎちぎちに小さめ球根がひしめきあっててびっくりしましたよ(笑)
鉢のサイズを変えて 植えつけたので来年はどのくらい咲くか楽しみなところです。

Kiwiさんのテーマ「もったいない」っていい言葉ですね^^

投稿: なご実 | 2006年10月 3日 (火) 11時47分

ワーイ! なご実師匠じゃないですかぁ!
お久しぶりでございます。(コレ見てくれてるかなぁ??)
PC壊れてデータ飛んで、なご実師匠のブログに行けなくなっちゃったんです(泣)
私のアドレス残ってたら、連絡頂きたいです。
宜しくお願いします。

kiwiさま~、こんにちは。
先ほど沈丁花と万両が到着しました。
どうもありがとうございま~す!
kiwiさま~、なご実師匠はkiwiさまと同じくらい植物博士なお方です。
でもとってもお茶目なの。
サンダルにガム・・・おぉーっと、この先はなご実師匠の名誉のために黙っておきましょう。
また遊びに来たら聞いてみて下さいね。

投稿: 栃なな | 2006年10月 3日 (火) 15時45分

球根植え付けは楽しいですよね。
スノードロップの腐葉土の話は参考になりました。今度試してみます。
うちもコルチカムを植えているんですが、やたらと反応が鈍いので心配です。今年は半ば諦め気味だったり(汗

投稿: nasubi | 2006年10月 3日 (火) 17時12分

おぉ~、しばらくぶりに見たら、たくさんのコメントが...ありがとうございます。
m(_ _)m
(gooのブログみたいに可愛い絵文字が欲しいよん!)

芝生の中に水仙を埋め込んでいるお宅が近所にありますが、あれ、素敵ですね。クロッカスなんかも同じように植えるといいかも知れません。
 
スノードロップ、そんなに増えるのですか?それも植えっぱなしで。それは私にピッタリ!
チューリップを最後に植えたのは一昨年なのですが、サ○タで、シックな色合いの3色ミックス(当然、同じ品種)を買ったのに、背丈が全然違ってイメージ通りにならなかったので、やめてしまいました。

スノードロップは、冬にドイツの知人宅に滞在したとき、その家の奥様が兄弟の家を訪問するのに、庭のスノードロップと、雑草かもしれない葉っぱをチョンチョンと手折って即席のミニ花束みたいにしたのが印象的で、それが、普段もこういうことをよくするのだろうなと思わせるくらい自然で、とても憧れました。
 
腐葉土マルチは、なんとなく水を勢い良くかけても土が撥ねないのがいいような気がします。球根を植えたばかりだと、土しかありませんものね。山野草に施したものは、半年もすると、いつの間にか分解されて土に換えるようです。山などは、こういうことが自然に行われているのではないかと思います。

投稿: kiwi | 2006年10月 3日 (火) 18時38分

スノードロップ 増えますよ^^
但し、ムスカリやハナニラのように毎年増殖という感じはありません。
ある日突然増えてることに気づく 3,4年目 って感じです(笑)
kiwiさんちでもたくさん増えてくれるといいですね^^

投稿: なご実 | 2006年10月 5日 (木) 15時47分

なご実様
 
ムスカリは花屋で売られていたときの可憐な姿に騙されました。2年目からは増殖につぐ増殖。植えっぱなしでもいいのですが、そうすると早くから葉が伸びてだらしなくなります。それで掘り上げて吊して置いてもいつの間にか芽が伸びだして、慌てて植えたりして...。
スノードロップの節度ある増殖、楽しみです。

投稿: kiwi | 2006年10月 5日 (木) 20時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今週の庭仕事メモ(10月1日) | トップページ | デュランタに翻弄される »