« HDは風前の灯火 | トップページ | PC購入しました! »

今週の庭仕事メモ(10月29日)

『吾木香さし出て花のつもり哉』 

新聞の夕刊に時々掲載される『こだわりガーデニング』というタイトルの記事を楽しみにしています。最新号は吉谷桂子(よしや・けいこ)氏のパンジーを使ったコンテナガーデンのアイディア集でした。でも、私が楽しみにしているのは、同じ頁に掲載される『言の花』という小さなコラム。今回はワレモコウの話でした。

冒頭の俳句は小林一茶の句で、見栄えの悪いワレモコウを「それでも花のつもり?」とからかった句ですが、ワレモコウの漢名が知っている吾亦紅ではなく、吾木香となっていました。木香とは香料のモッコウのことで、こちらはキク科の多年草だそうです。広辞苑で調べてみると、モッコウはインド原産の植物で、中国経由で紹介されたのか、唐木香の字を当てることもあるようです。

コラムによると、ワレモコウは木香に似た根を持つことから、『我が国の木香』という意味で名付けられた説が一般的とか。

Photo_169
ワレモコウ(9月中旬撮影)
 

ワレモコウを古語辞典を引いてみると、用例として『おとろ(衰)へゆくふじばかま、ものげなき(物気無き)われもかうなどは...』という源氏物語の匂宮(におうみや)の巻の中の一節が紹介されていますが、「ものげなき」とはやはり「見栄えのしない」と意味のようで、紫式部もパッとしない花だと思っていたようですね。

「吾亦紅」というのは、どうやら後年当てられた当て字のようで、コラムによると「吾亦恋」とも書かれ、恋の歌にも登場するそうです。でも、想像するに、情熱的な恋歌ではなく、「切なく忍ぶ恋」みたいなのではないでしょうか。

我が庭の吾亦紅はと言うと、最近までウドン粉で真っ白になっていましたが、既に枯れて茶色になっています。環境が良くないのか、毎年、そんな感じです。最初から最後まで物気無き花でしたが、毎春植え替えながら、今年こそは!と期待を込めちゃうんですよね。

それでは、今週の庭仕事メモです。

Karakusa2_1

  • 発芽確認:ヒナギキョウ
  • 新たに開花した植物:特になし
  • 開花中の植物:サルビアコッキネア、、マリーゴールド、ルリマツリ、水引(赤、白)、桜蓼(サクラタデ)、バラ“アイス・バーグ”、ヤブラン、ホトトギス、ミニバラ
  • 開花間近の植物:なし
  • 開花終了した植物:西洋朝顔“サンライズ・セレナーデ”、コバルトセージ
  • 新たに入手した植物:なし
  • アイスバーグを除くバラはどれも皆黒星病ぎみ。最近、雨がちだったので薬剤が散布できず、病状が広がった模様。でも、葉が落ちた後からは元気な新芽が多数出ている。

Karakusa2_1 

晩秋の庭は、新たに咲く花もなく、寂しい状態です。でも、植物達は来るべき冬を耐え、春に再び成長できるように着々と準備をしているようです。パッとしない画像ばかりですが、庭の記録として、現在の植物達の様子を幾つか...。

Photo_218
今年戴いた大文字草の小さい方の株
花芽が上がってきました。
こちらはピンクの花でしょうか?
 
Photo_219 
紫式部
 
Photo_220
リンドウ
今日は曇っているので花は閉じてます。
 
Photo_221
冬咲きのクレマチス“ウィンターベル”
だいぶ蕾が大きくなってきました。
 
Photo_222
高嶺半鐘蔓(タカネハンショウヅル)
大文字草同様、メギツネさんから頂戴した物。
とっても元気です。
 
Photo_224
花壇に植え付けた深山苧環。
残りの何株かを伯母にあげました。
 
Photo_225
先日戴いたブルーベリー2株
パウダーブルーとT-100という品種だそうです。
家のティフブルーの受粉用にと選んで下さったとのこと。
 
Photo_226
ベルガモット
もう、親株は葉も落ちていますが、盛んに匍匐枝を伸ばしています。
そろそろ植え替え時なのですが、ホワイトとワイルド(ピンク)が
混ざってしまったので、放出するのも憚られるし、どうしようとか思ってます。
  
Photo_227
白花の不如帰
こんな匍匐根を出すので、台湾系だと思うのですが...。
 
Photo_228
岩煙草
こんな風に丸まって休眠します。
 
Photo_229
蓮華升麻の種はまだ熟していないようです。
 
Photo_230
謎の植物
フウロソウ系かなぁ?
 
Photo_233
謎の植物の株もと
どなたか何という植物かお分かりですか?
 
 
Photo_231
春にダイソーで種を買って育てた葉大根
根は直径5センチくらいですが、葉が次から次へと出ます。
根元の方を見ると収穫した跡が見られますが、
実際口に入ったのは、人間よりも虫の方が多いような...。
根は1つだけ食べてみましたが、とても辛かったです。
  
Photo_232
沼虎の尾
株元には来年用の芽が...

|

« HDは風前の灯火 | トップページ | PC購入しました! »

コメント

吾亦紅、吾亦恋、吾木香、いろいろとあるんですね。決して派手ではないワレモコウですが、名前にまつわる話や、その姿から小林一茶まで句を詠んでるとは恐れ入りました。
これほど話題を提供してくれる地味な花ってそうそうありませんよね。
育ててみたくなりました。(^^)

待望の蓮華升麻ですが、まだまだ緑色のようですね。う~んじれったいなぁ。

先日落葉果樹を全部撤去(まもなくの落葉シーズン、今年は楽だ)したあと、一番歯抜けになったところに「唐種招霊」っての植えました。開花が楽しみ。(^^)

投稿: kouyou | 2006年10月29日 (日) 17時40分

吾亦紅は決して湿った状態が好きな植物ではないはずですが、大きな鉢に植えていてもすぐに水切れするので、多分、家では常に乾燥気味になってしまい、ウドン粉病が発生するのかも知れません。でも、2ちゃんのどこかのスレでウドン粉まみれの吾亦紅をよく見かけるというようなことを読んだ記憶があるので、そういうものかもしれません。それを覚悟していただけるなら、来春、植え替えの時にお送りしますよ。

投稿: kiwi | 2006年10月29日 (日) 18時13分

kiwiさんに触発されてワレモコウ調べてブログのネタ1つ書いたのに先を越されましたぁ。残念(笑)
ウチの子も今年はうどん粉持ち~やっぱりそういう植物なのかもですね。植替え決定済みなんです!!わりと根が張る植物だとか…とりあえず掘り上げてみます^^
庭の画像たち♪深山苧環が雰囲気の良い場所に植えられてますね(^^*)石とかご自分で積まれたんですか?こんなスペース作りたいです。
そぅそぅホトトギスの画像を見て匍匐根の意味が分かりました。たしかに台湾系はこんな根になりますね!台湾は成長が旺盛だから鉢植えだと地表に飛び出すんだと思ってましたf(^^;;

投稿: ゆりりん | 2006年10月29日 (日) 21時02分

>来春、植え替えの時にお送りしますよ。
をを!、ありがとうございます。お言葉に甘えさせていただきます。m(_._)m
なんか後ろから「無理矢理やろ」っつう視線がチクチクして痛いんですが・・・。
えっ、ゆりりんさんやメギツネさんじゃないですよね。(^^;

投稿: kouyou | 2006年10月29日 (日) 21時24分

ゆりりん様
吾亦紅は確かに根張りが良いのですが、ひげ根が広がっている感じなので(直根性ではないので)多少、根を切ってしまっても移植できると思います。
 
kouyou様
家の吾亦紅はおぎはら植物園さんのもので、山などに生えている、ごく普通の物だと思います。花茎は80㌢位は伸びます。今年、植え替えは4月上旬だったので、その頃までお待ち下さいね。

投稿: kiwi | 2006年10月29日 (日) 23時05分

続き

唐種招霊って花の香りが良いようですね。日本のオガタマは葉が香料になるようですが、カラタネオガタマも花だけではなく、葉も良い香りですか?

投稿: kiwi | 2006年10月29日 (日) 23時09分

おはようございます。
ありがとうございます。なんか予約ばっかりで申し訳ありませんね。(^^;

カラタネオガタマですが、例のごとく納品は職場にしてもらってて、数日間私の横に置いてましたが、香りにはちょっと気がつきませんでした。意識してなかったんで、帰ったらクンクンしてみます。(^^;

投稿: kouyou | 2006年10月30日 (月) 08時26分

謎の物体?
ミツバツチグリかツルキンバイに見えますが・・・。
ツルキンバイなら葉の両面に白い伏せ毛が生えるそうです。
で、でも野いちごじゃないですよね・・・。

kouyouさま、家にもヒメワレモコウがありますよん。
寄せ植えにでもされる予定があるなら 来春 株分けします。(根、堅そう・・)
もれなくうどん粉病も付いてます!

投稿: メギツネ | 2006年10月30日 (月) 13時03分

オダマキ、植え替えの時は家と同じ大きさだったのに、今見たら、kiwi様の所すごく元気で大きくなっててびっくり!
家のは、寒いのか、ちじこまって少し黄色くなっていじけてる・・・。
こんなに違うんですね~!

投稿: みつ | 2006年10月30日 (月) 14時31分

カラタネオガタマは、葉っぱは香りが無かったですね。ちなみに、ちょっとカジって見ましたが、普通の葉っぱでした。(^^;

オダマキの成長はすごいですね。今年播いた種がそこまで大きくなるんですね。私の播いたのは、発芽して約1ヶ月ですが、ほとんどがまだ二葉のままで、種類によってはやっと数mmの3っつに分かれた本葉が出始めたくらいです。だいじょうぶやろか。ふあ~ん。

来春はメギツネさんからのヒメワレモコウも共演してもらえそうな予感。(^^)

投稿: kouyou | 2006年10月30日 (月) 20時17分

kouyou様
あらっ。匂わなかったんですか残念。花に期待ですね^ ^
葉っぱかじっちゃいましたか~(笑)画像では硬そうな葉に見えましたよ。しかも美味しくなさそうf(^^;;
メーさんにさき越されちゃいましたぁ。春までに色々と押し付けリストをアップしておきましょう(^ ^)v

投稿: ゆりりん | 2006年10月30日 (月) 21時18分

もしかして、バナナの味がしたらすごいんじゃないかい。きっとするだろー、などと期待しつつ、イラガの気持ちになってガシガシしました。(^^;
結果、ん~、ペッペッ。

投稿: kouyou | 2006年10月30日 (月) 22時03分

今日(月曜日)はドイツ語の学校があり、今(え~と、10時くらい)帰ってきました。
カラタネオガタマの葉は匂わないんですか。オガタマは匂うらしいけど、かなり大きくなるようで、一般の庭には不向きですね。私も画像で見ましたが、確かに美味しく無さそうな葉ですね。

家のオダマキは7月頃に播種した物で、戴いた種が新鮮だったからすぐに発芽し、もうかなり大きく育っています。でも、オダマキは二年草なので、今小さくても大きくても、どうせ花が見られるのは再来年です。気長に行きましょう~!
そうそう、ゆりりんさんに花壇を誉めて貰ったけど、実際は猫の額みたいな小さいものです。石は、庭の植え込みに使っているものなどを掘り出したりして集めたもので、種類もバラバラなんです。

謎の植物...確かにミツバツチグリかツルキンバイにも似ているんですが、ちょっと、家のものの方が葉が丸っこいような...。それにミツバツチグリとか自生しているような土地柄ではないし...。元々、三年くらい植えっぱなしのクリスマスローズの鉢に芽生えたものなんで、鳥の落とし物とも思えず...謎です。でも、バラ科っぽいですよね。

投稿: kiwi | 2006年10月30日 (月) 22時38分

続き

今日、学校に行く前にヨドバシカメラに行って、HDDのバックアップソフトを買ってきました。選ぶというよりは、Meに対応しているのは一種類しかなかったです。(HD革命というのです。)それと、新しいPCも下見しましたが、さすがに今は、VISTAのリリース直前で、XPマシンは安くなってました。(半年前の6掛けくらい)候補は決めたので明日にでも買いに行こうと思います。

投稿: kiwi | 2006年10月30日 (月) 22時47分

kiwi様のオダマキ大きいから来年咲くのかと思いました。
同じく再来年なのですね。

何もする事が無くなり、我慢できなくなってkiwi様から頂いたサルビアを家の中で種蒔きしてみました。
24日に7粒蒔いて、昨日一つだけ芽が出ましたー!
これを春までに大きくして早く花が見てみたいです。
今更ですが、頂いたサルビアコッキネアはコーラルニンフですか?

新しいPCワクワクしますね。
いいなぁ~。

投稿: みつ | 2006年10月31日 (火) 11時19分

みつ様
こんにちは!
お送りしたサルビアはコーラルニンフです。ご参考までに画像のURLを貼り付けておきました。

PC、買ってきました~!

投稿: kiwi | 2006年10月31日 (火) 16時35分

編集するのが面倒なんで、再度投稿します。
今年、こぼれ種で発芽したものは、kouyouさんにも差し上げましたが、年内に開花しました。(発芽は春だったような...)夏に発芽して、玄関先に「ご自由にお持ち下さい」と置いたのですが、先日それを持ち帰った方から道で声をかけられ、花が咲いたと言われたので、今から育てれば、春には咲いてくれると思います。オダマキと違って早熟ですね。

投稿: kiwi | 2006年10月31日 (火) 16時40分

ありがとうございます~。
早く花が見られるみたいで嬉しいです。
頑張って育てなくっちゃ!
オダマキと違って早熟>しかも長い間咲いてくれるとっても良い子ですね。

新しいPCおめでとうございます。
設定とか面倒だけどワクワクしますね。

投稿: みつ | 2006年10月31日 (火) 17時35分

こんにちは。
謎のアレ。
我が家に同じような物あります。
薔薇科、ポテンティラ・ベルナ。
黄色い小さな一重の花、春頃咲きませんか。
我が家ではグランドカバーにしてます。
花はまるでいちごの花そっくり。
でも実は付きません。
ランナーを出し這っていきます。

投稿: きっころ | 2006年11月 1日 (水) 12時12分

ポテンティラ・ベルナ...画像を見てみましたが、これかも知れません。でも、今年生えてきたので、まだ花は見たことがないんです。別の鉢にも似たような植物が生えてきて、ランナーは出ないのですが、次から次へと葉が出てきて、勝手に水切れを起こして萎れています。ある掲示板で「これ何でしょう?」と質問したら、「キジムシロでは?」と言われました。キジムシロなんて自生している土地ではないので、多分違うとは思いますが、だいたい、この辺りのバラ科の雑草なんでしょうね。
ポテンティラ・ベルナですかぁ。覚えておいて、花が咲いたら確認してみますね。ありがとうございました。

投稿: kiwi | 2006年11月 1日 (水) 15時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« HDは風前の灯火 | トップページ | PC購入しました! »