« お手軽D.I.Y. | トップページ | えっ、本当? »

植物の逆襲

以前、「植物の自衛手段」というタイトルで、動くことのできない植物が、さまざまな外敵から身を守る手段を掲載した新聞記事をご紹介したのですが、時々、世話をする人間すら痛い目に遭うことがあります。特に棘のある植物は、油断すると、文字通り「痛い目」に遭いますね。以前から育てているアイスバーグというバラは比較的棘が少なく、手袋をしなくても平気なのですが、ミミ・エデンとか、箱根バラなどは、アイスバーグと同じ感覚で触ると、強烈な棘の餌食になります。

山菜で有名なタラノキなども、私は八百屋で、しかも食用になるタラノメしか見たことがないのですが、写真で見ると凶悪な棘で武装していますね。これも美味しいが故に、動物に食べられないために進化したのでしょう。

Photo_137

家の庭にはもう一つ、私に攻撃を仕掛けてくる植物があります。それは雁金草(カリガネソウ〔左の画像〕)です。

その攻撃とは、悪臭です。

図鑑で読んで、以前から、この植物に臭気があるというのは知っていたのですが、以前、園芸店で買った株は全く臭いがなかったので、この春に分けていただいた雁金草を育てて、その臭さに驚きました。一番無難な喩え方をすると、硫黄の臭いでしょうか。以前育てた株は弱々しく、枯れたあと、そのまま消えてしまいましたが、今回戴いた株はとても元気で、グングンと成長しては、愛嬌ならぬ、悪臭をふりまいています。(風などに揺れると臭います。)

あとは、以前もご紹介したミヤマイラクサです。棘が痛いというだけでなく、毒、とまではいきませんが、ヒスタミンという物質を分泌するらしく、これが焼けるような痛みを感じさせる元となっているようです。ただ、毒草と薬草は使い方次第のようで、ミヤマイラクサも蕁麻(じんま)という漢方薬になるようです。(ちなみに蕁麻疹とは、ミヤマイラクサに触った時の痛がゆい症状と似ているために、その名が付いたそうです。)そう言えば、代表的な毒草のトリカブトも、私が時々服用する煎じ薬に附子(ぶし)という名で入っています。

それにしても、こうした攻撃的な植物には、結構、美しい花が多いような気がします。バラはもちろんのこと、雁金草も、小さいですが、とても個性的な形の美しい花ですし、トリカブトもそうですね。

そんな毒草で庭を花園にしたいというブログがあります。私がよく利用する掲示板(2ちゃんねるですけどね)にスレッド(トピックス)が立ったので、時々覗いていたら、とうとう、ブログが立ちました。それで、家で大株になって持て余し気味だったロベリア(一応、毒草)を押しつけちゃったりしました。でも、意外と美しい花園になる予感がして、楽しみにしています。

「目指せ!毒草ガーデン」はこちら、あるいは、左の「園芸仲間のコーナー」からお入り下さい。

|

« お手軽D.I.Y. | トップページ | えっ、本当? »

コメント

…カリガネ草の噂に聞く悪臭が硫黄系とは思いもしませんでしたv_v*これは強烈!
「美しい花や美味しい植物には思わぬ落とし穴があるもの」と分かっていても育ててみたい泥沼の園芸ライフ♪
先ほど「目指せ!毒草ガーデン」にお邪魔してきました。いゃ~個性的でスバラシイッッ(^-^)ノ
楽しいブログのご紹介ありがとうございます♪

投稿: ゆりりん | 2006年9月 7日 (木) 22時06分

kiwi様
相互リンクどうもありがとうございました。
中身の無いブログですがw、これからもよろしくお願いします。

ゆりりん様
早速お越しいただきありがとうございます。
またいつでも来てくださいね(´∀`)ノ

投稿: kitty-guyナスビ | 2006年9月 7日 (木) 23時12分

ちょっとググってみたら、中には「ウチの雁金草は臭いません」と書いているHPやブログがあったので、臭わない個体もあるんですね。以前育てていたときは、小さかったこともあって、小型のリンドウや糸薄と寄せ植えして室内に飾っていたくらいです。

毒草ガーデンは、ジギタリス、ベニバナサワギキョウなんかが育ってくれば、まんまイングリッシュガーデンですよね。魅惑の花園ができることを期待しています。これから戴く予定のボツボツがない白いジギタリスの種、芽が出たら送りますね~。

投稿: kiwi | 2006年9月 8日 (金) 11時41分

更にデルフィニウムも種まきする予定ですよ~。見た目はイングリッシュで実は毒だらけを目指して頑張ります!

投稿: kitty-guyナスビ | 2006年9月 8日 (金) 21時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46404/3354872

この記事へのトラックバック一覧です: 植物の逆襲:

« お手軽D.I.Y. | トップページ | えっ、本当? »