« 今週の庭仕事メモ(9月24日) | トップページ | 捨てられない! »

寄せ植え

Photo_176 私はかつて寄せ植えに凝って、なんでも大鉢に寄せ植えにしていたときがありました。でも、寄せ植えって、結構、管理が大変なんですよね。陽当たりを好むもの、半日陰を好むもの、水はけをよくすべきもの、水持ちをよくすべきものなどの性質を合わせて寄せるるのは当然のこととしても、植えたときは格好良くても、それぞれが成長しだすとバランスが崩れたりして。

地上部が乱れるだけでなく、根の成長の早いものを加えると、他の植物の生育が阻害されるので要注意です。プロが植えた作品集(本)を参考にして真似したりしていましたが、割合に、その時だけ綺麗という作品が少なくないんですよね。今では、アップルミントとかヘリクリサムなどを使っているものを見ると、「嘘でしょう~!」と突っ込みたくなります。最近は、寄せ植えはめったにせず、するとしても、最低一年は単独で育てたことがあって、よく性質を知っているものだけしか寄せ植えにしないようにしています。

でも、山野草は寄せ植え大好き!特に、『草もの盆栽』(NHK出版/山根景子著)で紹介されている作品集をみると、作りたいと思う寄せ植えばかりです。草ものとは言え、盆栽なので、何年も持ち込んで景色を作っていくのが素敵です。今年は植物の交換サイトでたくさんの山野草を頂戴したので、来年、成長を見ながら色々作ってみたいと思っています。

Karakusa2_1

ここからは(も?)他愛のないおしゃべり。

先日、土に潜っていたカエル君、みんなで覗いたので逃げ出しちゃったと書いたのですが、今日、伯母が、私が寂しがっているといけないと、わざわざ、逃げた方向を電話で教えてくれました。でも、昨日、用土なんかを置いているところを片付けていたら、そこに潜んでいたので、ご心配なく。でも、ぴょんと跳ねて、どこかに隠れてしまいました。またまた邪魔しちゃったかな?

家には睡蓮と蓮の鉢があるのですが、置き場所が悪くて陽当たりが悪いせいか、全然咲きません。蓮鉢は大きすぎて動かせないので、来年の植え替え時に移動させるとして、睡蓮鉢(火鉢)は、今日、急に思い立って移動させました。(せっかちなもので...) 直接用土で植え込んであったので、重かったぁ~。

2~3日前から、庭で使っているハサミが見あたりません。私は庭いじりをするときにエプロンとかしないので、ハサミを持って歩き回るとすぐにどこかに置き忘れてしまい、探し回るということがしばしば。いつもはすぐに見つかるのに今回は見つからず、不便でしかたありません。

|

« 今週の庭仕事メモ(9月24日) | トップページ | 捨てられない! »

コメント

山根景子さんの「草もの盆栽」は、素敵ですよね~~。
私も1冊、本を持っていますが いまだに眺めるだけです。
このごろ某テレビ番組にも出なくなって 寂しいなあと思います。

伯母様、何かかわいらしさを感じる。
みなさんに愛されたカエルちゃん、居て良かったですね~~。

kiwiさんはハサミですか?
私は、いつもショベルをどこかに挿し忘れ 探します。今朝も・・・。

投稿: メギツネ | 2006年9月27日 (水) 14時49分

ショベルは大中小と3つあるので、どれかしらは見つかるんです。あ、土入れも。よく袋の中に入れっぱなしで見失うけど、これも幾つかあるので...それぞれ1個なら、やっぱり探し回るだろうなぁ。

投稿: kiwi | 2006年9月27日 (水) 15時00分

水槽の話で恐縮ですが・・・
水槽の中はまさに寄せ植えの世界です。
「ダッチアクアリウム」と言われるように、ドイツでは各種の水草をレイアウトしてその芸術性などを競ってますが、日本でもいろいろと試みられて、雑誌などにも掲載されてます。中にはそんな組み合わせは無理やろぉって写真があります。
メインが水草で、お魚はアクセサリーというのが「ダッチアクア」の神髄です。

和風水景が私のコンセプトなんですが、むつかしいです。コウホネの水中葉が綺麗で大好きですが、根っこがあちこちに浸食するんです。ウリカワも底砂中をランナーが伸びていき、とんでもないところから子株がニョキっと出てきます。
魚にしても、同居できないけど、どうしても一緒に見たいので大きさを加減したり、隠れ家を造ったりと、あれこれ悩みます。

でも、ここのところ水槽そっちのけで、種を播いたり、用土を混ぜたり、忙しい休日を過ごしております。(^^;

投稿: kouyou | 2006年9月27日 (水) 19時51分

ダッチアクアなるものを知らなかったので、あちこちのサイトをROMって来ました。数年前にブームになった、水草ボーボー(としか私には思えない)の水槽のことなんですね。それにしてもアクアリウムの世界も、色々な流儀というかコンセプトがあるのですね。ググっているときに、ある日本人が考案(?)したネイチャーアクアリウムと呼ばれる作品を何点か見ましたが、従来からあるダッチアクアに対して、空間の美というか「間」みたいなものがありますね。この辺、日本人の感性なんでしょうね。ヨーロッパのシンメトリーの構成美に対してアシンメトリーの美っていう感じがします。

投稿: kiwi | 2006年9月27日 (水) 20時43分

ダッチアクアとネイチャーアクアの違いを短時間で分析されましたねっ。さすがです。
でもね、ガーデニングの世界と違って、アクアの世界ってまだまだ魑魅魍魎が闊歩してるんですよ。A○Aの各種アイテムはまるで宗教のようです。
他にもHBなんとかに相当するものがゴマンとありますからね。(HBなんとか愛好の方ごめんなさい)

投稿: kouyou | 2006年9月27日 (水) 21時21分

おはようございます。

かえる君居て良かったですね。

私は一度も寄せ植えをした事が無く、普通にパンジーやサフィニアを単品で植えていました。
綺麗に寄せ植えしているお宅を見ると素敵だな~って思いますが、自分では何を植えれば良いのか、皆目見当も付かず状態でした。

今年から少しづつ花達を集めだし、や


投稿: みつ | 2006年9月28日 (木) 09時20分

何だか知らない内に途中で投稿になっちゃいました。びっくり!

続きです。
今年から少しづつ花達を集めだし、やっと創造できるようになりました。
来春は少ない知恵と花を駆使して寄せ植えを造ってみようかなと思っています。

今日買い物に行ったら本屋さんで草もの盆栽山根景子著を覗いてこようかな。

投稿: みつ | 2006年9月28日 (木) 09時31分

みつ様
 
単独できれいに咲かせた鉢を並べる -寄せ植えならぬ、寄せ鉢というんでしょうか -も素敵ですよね。
来年はきっと素敵な寄せ植えをお作りになることでしょうね。
草もの盆栽、寄せ植えというのとはまたちょっと違うのかもしれませんが、素敵ですよ。この本もお薦めです。

投稿: kiwi | 2006年9月28日 (木) 17時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今週の庭仕事メモ(9月24日) | トップページ | 捨てられない! »