« 今週の庭仕事メモ(9月17日) | トップページ | サルビアコッキネアの里親探し »

晴耕雨読

先週あたりから、今までとは天気が一変して、雨がちで涼しい日々が続いています。今日は台風の影響でしょうか、なま暖かい風と共に、朝からしとしとと雨が降っています。こういうときは晴耕雨読といきたいのですが、やっぱり朝からゴソゴソと種蒔きなんかをしてしまいました。

詳しくは、週末の「今週の庭仕事」でご報告しますが、秋蒔きできるハーブの種を蒔き、余っていたヘンリーヅタの子株で草物盆栽風の一鉢を作りました。

Photo_165 下に敷いている受け皿は100均で買った黒塗りの木製トレイですが、ちょっといい雰囲気です。

そう言えば、いつものように挿し木中の柏葉紫陽花をチェックしていて、久しぶりに鉢裏を覗いたら、根が出ているのを発見しました。

ヽ(゚∀゚)ノ

実は、ある掲示板で、柏葉紫陽花を募集している方に、無責任にも「挿し木中です」とご連絡したら、根付くことなく枯れてしまい、新たに枝を採って挿し木したものだったので、これで責任が果たせるとホッとしました。

と、まぁ、こんな日でも土いじりをしている私ですが、やはり、昼間の長さも目に見えて短くなってきたこれからは、インドアの趣味、特に読書にはピッタリの季節でもありますね。

先日の読売新聞に世界的に有名なイギリスの作家、ジェフリー・アーチャー氏の近況が載っていました。数年前に偽証罪に問われ、服役生活を経験した氏の復帰作が3月に発行されたと聞き、翻訳が出るのを楽しみに待っています。代表作はなんと言っても「ケインとアベル」(上・下巻/新潮文庫)でしょうが、私は「チェルシーテラスへの道」(上・下巻/新潮文庫)も印象に残っています。

ストーリーはロンドンの貧しい下町で生まれた主人公が同じロンドンでも高級な地域であるチェルシーテラスに店を開くという夢を、様々な紆余曲折を経て実現していくというものですが、この本を読んだ当時、ニュージーランドに出張した際に知り合ったおじいさんと文通していて、その方は若いときにロンドンから家族でニュージーランドに移住した方だったので、この本を薦めたところ、読後、手紙で、色々と解説をしてもらったからです。原題の“as the crow flies”は「一直線に」(「カラスは一直線に飛ぶことから」だそうです)は、主人公の成功していく様を表しているのかも知れませんが、主人公の生まれた地域とチェルシーテラスは、カラスがひと飛びするほどの距離にも関わらず、雲泥の差がある、というようなことを解説して貰った記憶があります。そのおじいさんは、数年前に94才でお亡くなりになったのですが、ジェフリーアーチャーの名前を久しぶりに聞いて、おじいさんを偲びました。

イギリスではクリスマスの頃に出るという新作も、氏が獄中で他の収監者から聞いた話をヒントにした作品が幾つか入っている短編集だそうで、才能のある人は、どんな状況でも、それを無駄にしないものだと感心します。

あと、同じイギリスを舞台にしても、どたばたギャグ満載のフロスト警部シリーズもお奨めです。だらしなくて下品なジョークを連発するジャック・フロスト警部が難事件を解決するお馴染みのシリーズで、『クリスマスのフロスト』 『フロスト日和』 『夜のフロスト』という三部作が創元推理文庫(R・D・ウィングフィールド)から出ています。これも読み出したら止まりません。

最後に、最近読んだ本をご紹介します。日経新聞に紹介されていた本ですが、『謝々!宮沢賢治』(朝日文庫/著者:王敏〔ワン・ミン〕)という本で、文化大革命の時期に青春時代を送った著者が宮沢賢治の「雨ニモマケズ」の詩に出会い、その世界観に感動して、宮沢賢治の研究に取り組む過程を著した本です。残念ながら、私は賢治の作品は子供の頃にほんのいくつかしか読んでおらず、賢治の作品の分析の部分は読みづらかったのですが、文化大革命当時の中国という特殊の環境の中で、外国文学、しかも日本文学を学ぶ苦労や、そういった状況であるからこそ得られる「学べる喜び」が読む者に伝わってくる本でした。また、文化大革命時代を経験したからこそ、宮沢賢治の世界が理解できるという、著者の言葉には、ジェフリー・アーチャー同様、才能豊かな人にとっては、苦境も糧になるものだと感心したりしました。

|

« 今週の庭仕事メモ(9月17日) | トップページ | サルビアコッキネアの里親探し »

コメント

すみません。
突然おじゃまして申し訳ありませんが、
ちょっとおたずねします。
この本の中に、「雨ニモマケズ」の中国語訳は載っていますでしょうか?
教えて下さい。よろしくお願いします。

投稿: はな。 | 2008年12月17日 (水) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今週の庭仕事メモ(9月17日) | トップページ | サルビアコッキネアの里親探し »