« ハーブのルームスプレー | トップページ | 庭を眺めながら... »

ハーブのルームスプレー(2)

前回のブログ「ハーブのルームスプレー」では、大雑把な書き方をしたので、コメントやメールでお問い合わせをいただきましたので、ちょっと補足します。

まず、草花の化粧水ですが、時々私がブログの中で言及している『自然暮らしのレシピ』(著者:境野米子/出版社:家の光協会)という本で紹介されている草花の化粧水の作り方を参考にしました。利用する植物によって、若干分量が異なるのですが、例えば、レモンバーム(レモンの香りがするヨーロッパ原産のハーブ/学名:Melissa officinalis )で作る場合は、生の葉0.5gを大さじ一杯(15cc)のエタノールに一晩漬け、75ccの精製水に、しっとり感を出すグリセリンを少々加えて作ります。

自然暮らしのレシピ 自然暮らしのレシピ(著者:境野米子/出版社:家の光協会)

ルームスプレーは、分量のエタノールの一部を、上の方法でレモンバーベナ(+適当に摘んだペパーミント)を漬けるのに用い、残りの分量のエタノールを加え、エッセンシャルオイルを数滴加えた後、さらに精製水で稀釈して作りました。

前回、画像が手元になかったのですが、ハーブを一晩漬け込んだエタノールはこんなに濃いグリーンに染まりました。

Photo_146 真ん中の小瓶です。

左側はルームスプレーで、右側はユーカリオイルです。ユーカリオイルはオーストラリアに旅行に行った友人のお土産です。エッセンシャルオイルは、日本では普通、小瓶で売られていますが、オーストラリアでは大瓶で売られているんです。(この瓶は200mlです。載っている椅子は座面の一辺が30cmもないおもちゃの椅子です。)もったいなくてチビチビと使っていたら、思いっきり消費期限を過ぎてしまいましたが、肌に付けたりはしないし、まだよい香りがするので、これからもチビチビと使います。しかし、ラベルにも瓶にも“POISON”(毒薬)の文字が...コワイですね。

漬けた葉は芳香剤代わりに使おうと、100均で買った小皿(もしかして灰皿?)に載せて、これにも数滴のユーカリオイルを垂らしてみました。

Photo_147 もう一種類、勢いで、キンセンカオイルを使った軟膏を作ってみました。

手前のメンタムの空き缶とガラス瓶に入れたものが軟膏で、奥の左側はキンセンカオイル、右側の瓶は仕込み中のキンセンカオイルです。(これらの作り方は、後日ご紹介します。)

|

« ハーブのルームスプレー | トップページ | 庭を眺めながら... »

コメント

なんか美味しそう!なんちゃって(≧◇≦)
パスタの材料を並べてるみたいね。

ユーカリオイルはオーストラリア産なんですね。カッコイイ(*^_^*)

軟膏までも手作りだなんて、kiwiさんスゴイ!!
私も去年、キンセンカをいれた石鹸を作り、お友達にプレゼントして喜ばれました。

投稿: kaoru | 2006年9月12日 (火) 20時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハーブのルームスプレー | トップページ | 庭を眺めながら... »