« 今週の庭仕事メモ(8月27日) | トップページ | アオメダカの新居 »

自家製梅干し

この春に漬けた梅干し、ちょっと早いけど少し出してみました。

Umeboshi 以前の記事『梅三昧の週末(No.1)』でご紹介した、南高梅を使った梅干しです。大きさが分かるようにフィルムが入っていた空き箱を横に置いてみましたが、結構立派な梅干しですよね。

梅干しを漬けると、梅だけではなく、梅酢という副産物ができます。私は赤紫蘇を使うので赤梅酢なのですが、今年は、八百屋の店先で板前さんらしい人から教えて貰って、だし昆布を少量刻んで入れたので、まろやかな赤梅酢ができました。

この赤梅酢は1年ほど常温で保存が可能なので、ドレッシングにしたり、大根や新生姜を漬けたりと色々利用できます。中でもお気に入りは、煮魚-特にイワシ-の煮汁に加える方法。(一時、イワシは高かったけど、最近安くなりましたよね。)

レシピ(分量)をご紹介したいのですが、目分量で作るもので...。

でも、簡単にご紹介すると、煮魚はまず煮汁を先に作るのが基本ですが、だし汁に酒(ドボッくらい)、醤油(ドボドボドボッくらいなのですが、半分に控えて、その分、梅酢で補います)、あとは砂糖を加えて味を確認します。そこに魚を並べ、生姜の薄切りを数枚散らして落とし蓋(アルミホイルで代用可)をしてコトコト煮ます。酢の効用で、小骨も気にならないほど柔らかく煮えます。

梅酢は瓶詰めでも売られています。クエン酸が豊富で健康にもいいし、梅酢煮の魚はさっぱりしているので、残暑で食欲が無いこの時期にピッタリだと思います。

|

« 今週の庭仕事メモ(8月27日) | トップページ | アオメダカの新居 »

コメント

梅干し、おいしそうにできましたね。
そちらでは春に梅を漬けることができるのですね。
私が漬けていたころは(今は子供達も食べないので漬けません)実家から送ってもらっていたのですが8月のはじめくらいで、シソの方が先に売りに出てしまい いつもシソ集めに苦労してました。
私もショウガを漬けてました。
ピンクの添加物なしの紅ショウガは 良いですよね~。

投稿: メギツネ | 2006年8月28日 (月) 23時25分

梅干し、前にも書いたのですが、去年、何の気なしに応募した漬け物セットが当たったので、漬け始めました。
こちらでは、梅と紫蘇は一緒に売り出されて、あっと言う間にどちらも姿を消します。去年は紫蘇は梅酢が上がってから加えるから後で買おうとのんびりしていたら、探すのに苦労しました。

投稿: kiwi | 2006年8月29日 (火) 10時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今週の庭仕事メモ(8月27日) | トップページ | アオメダカの新居 »