« サボテンデビュー | トップページ | 今週の庭仕事メモ(8月13日) »

リサイクル再考

先日の新聞で興味深いコラムを読みました。それは、リサイクルは環境に害を与えるというものです。

例えば、ペットボトルの回収は、今ではどこの自治体でも行っていると思いますが、このリサイクルにかかる費用が地方自治体だけでも年間3000億円かかっているそうで、コストだけの問題ではなく、搬送や加工にかかるエネルギー量を石油に換算すると、年間160万㌧にのぼり、このエネルギーで、リサイクルされるペットボトルの3.5倍のペットボトルを生産できるのだそうです。また、リサイクルすることで、汚染された商品が社会に戻ってくる可能性があり、ある地方ではクロムに汚染されたリサイクル土壌による被害もあったということです。

私が知っている限りでは、ドイツ人は環境問題に非常に敏感で、日本では少なくなった、空き瓶のデポジット(預り金)制度というのが一般的で、スーパーでは、瓶を投入すると、自動的に種類を判別して、デポジット金額の合計額を印刷したレシートのようなものが出力され、それをレジに持っていくと換金してくれるというシステムを見ることができます。また、屋台のようなところで瓶ビールなどを注文しても、瓶と共にガラスのコップを渡してくれ、その瓶を返却することで、デポジットを返金してくれます。(ガラスのコップは、ゴミを出さない配慮もあると思いますが、ビールの種類ごとに家庭に数種類のグラスを用意しているようなドイツでは、紙コップなどでビールを飲むのは言語道断なのかも知れません。)缶に対しても、数年前にデポジット制度が導入されています。

また、ドイツではリサイクルに関しても、食品などのパッケージにリサイクルマークのようなものを見ることができますが、これは、日本の「なんちゃってリサイクルマーク」(単に「リサイクル可能です」とか「リサイクルしましょうね」という意味)ではなく、生産者が回収することを約束するマークが付いています。このマークの付いたものは、各家庭で所定の袋などに入れて回収され、分類して処理されます。当然このコストは価格に反映されているでしょうが、ドイツ人の考える優良企業の条件の上位には「環境に優しい」という企業姿勢が入るほどのお国柄なので、企業イメージの向上にも繋がっているのでしょう。元々、日本人から見ると一昔前の包装に見えるようなシンプルな包装のものが多いようです。

新聞のコラムにも述べられていましたが、環境に優しいためには、耐久性があり、長く使えるものを使うのが良いということになります。つまり、リサイクルに回す必要がないものを使うということですよね。すぐに考えられるのは、水筒を持ち歩くということ。これは私も自宅から出るときは実践しています。また、買ってしまったペットボトル飲料の容器は洗って、夏なら水や麦茶を入れて凍らせて持ち歩きます。小さなペットボトルなら、水を入れて凍らせておき、冷水にさらすような調理法の場合に氷代わりに使ったりしています。

庭仕事でも、今までポット苗の管理などに、100均で買ったプラスチックのメッシュトレイを使っていたのですが、素材が粗悪なために光によってすぐに劣化し、毎年買い換えていたので、(私の住んでいる自治体では、プラスチックは普通ゴミとして回収されます。)最近、木製の箱(ナーセリーボックスというのだそうです)を購入しました。

お弁当などに付いている割り箸は貰ったり、貰わなかったりしますが、これは、間伐材などを有効利用しているものだから良しとしています。洗って菜箸代わりに使えるし、最終的には、庭で害虫を『ハシデト~ル」するときに使うので、割り箸の使命は十分全うさせているのではないかと思っています。

ファッションのようなLOHAS(ローハス)というライフスタイルには懐疑的なのですが、最後の“S”(=Sustainability/持続可能な)という考えとともに、「実際に効果があるかどうか」をよく考える姿勢は持ち続けたいと、このコラムを読んで考えさせられました。

|

« サボテンデビュー | トップページ | 今週の庭仕事メモ(8月13日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46404/3029722

この記事へのトラックバック一覧です: リサイクル再考:

« サボテンデビュー | トップページ | 今週の庭仕事メモ(8月13日) »