« 梅ジャム後日譚 | トップページ | 今週の庭仕事メモ(7月9日) »

再びジャムの話

今年は例年になく色々なジャムをたくさん作ったので、梅ジャムで打ち止めかな?と思っていたら、八百屋の店先でアンズを発見。「ジャム作りたいなぁ、でもどうやるのかな?」と呟いたら、一緒にアンズを見ていたおばあさんが教えてくれました。

  1. アンズを茹でて、皮を手で剥く。
  2. 種は実から簡単に剥がれるので、実はを包丁で叩く。
  3. 果肉を鍋に入れて砂糖を加えて煮込む。

だそうです。さっそくやってみたら、仰っていたとおり、皮が破れて剥けそうでしたが、やってみるとめんどくさい!そこで、皮も一緒にジャムにしちゃいました。

この勢いで先日買っておいた南高梅もジャムに。ちょっと贅沢に、皮を剥いて実だけでジャムにしてみました。(皮が入ると出来上がりの色がちょっとくすんでしまうのです。)梅はアンズより簡単に皮が剥けます。皮の裏に付いた果肉は包丁でこそげ落とし鍋の中に。出来上がりの量はちょっと少なく200㍉リットル入りの瓶に2瓶半でしたが、色も鮮やかな黄金のジャムができあがりました。皮は刻んで蜂蜜で煮たので、ヨーグルトのトッピングにでもなりそうです。果肉の付いた種も先日八百屋の奥さんに教えて貰ったとおり、冷蔵庫へ入れました。

ところで、梅の皮を剥いた状態のものを、ざるに入れて作業していたら、ボウルの中に、梅のエキスタップリの汁が落ちていました。飲んでみると酸っぱいけど美味でした。

|

« 梅ジャム後日譚 | トップページ | 今週の庭仕事メモ(7月9日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46404/2550200

この記事へのトラックバック一覧です: 再びジャムの話:

« 梅ジャム後日譚 | トップページ | 今週の庭仕事メモ(7月9日) »