« 個人旅行のTips (No.5)-風景写真のtips- | トップページ | 今週の庭仕事メモ(7月16日) »

葉ものを愛でる

Photo_86 私は花が咲いても咲かなくても、葉姿が楽しめる植物が好きで、木本類では、樹形や木肌の美しいものに惹かれます。(私がバラにのめり込めないのは、ひとえに樹形の悪さが原因のようです。)

今、家の庭を彩ってくれる葉物に紅茅(ベニチガヤ)があります。一緒に植えていた梅鉢草は消えてしまいましたが、スラリと立つ紅茅の葉と、鉢一杯に広がるハイゴケの、文字通りのモスグリーンが涼しげで、玄関脇に水盤を置いて飾っています。

もう一つ、葉姿の好きなものには、春蘭があります。

Photo_88 家の庭には何故か岩檜葉(イワヒバ)がよく生え、胞子で増えるので、あちこちの鉢に芽を出します。

春蘭の鉢にもいつの間にか生え、今の姿は、ちょっと岩檜葉が多すぎますが、春蘭のシャープな葉と、岩檜葉の柔らかげな葉がコントラストをなし、好きな組み合わせです。岩檜葉は秋以降はブロンズに輝き、常緑の春蘭の葉と色のコントラストも楽しめます。(画像には、この春咲いた花の一つが結実しているのが映っています。株を育てるためには取り除いた方がいいのかも知れませんが、形が面白いので残してあります。)

この春蘭は、ごく普通の、山に生えているタイプのものですが、鶯色の花色といい、自然の造詣の美を感じさせる花姿といい、私の好きな植物の一つです。

|

« 個人旅行のTips (No.5)-風景写真のtips- | トップページ | 今週の庭仕事メモ(7月16日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46404/2213877

この記事へのトラックバック一覧です: 葉ものを愛でる:

« 個人旅行のTips (No.5)-風景写真のtips- | トップページ | 今週の庭仕事メモ(7月16日) »