« 鎌倉散策(No.5) | トップページ | 今週の庭仕事メモ(7月2日) »

雑草にも名前がある

以前ご紹介したヘルマン・ヘッセの『庭仕事の愉しみ』もそうですが、私には、時々思い出してはパラパラと捲って興味を引いた章だけを読むという本があります。

Photo_84雑草にも名前がある』(文春新書/草野双人著)もそんな本の1冊です。

この本は、エノコログサ、スズメノカタビラ、西洋タンポポ、ヤブガラシ、ドクダミなどといった、園芸好きには目の敵にされそうな雑草から、オミナエシ、ホウチャクソウ、カラスウリなどの、都会に住んでいる身には自生していたら羨ましいような植物を取り上げ、人間から邪魔者扱いされながら人間世界に巧みに適応してきた雑草の生態を書いているのですが、むしろ、雑草の話を枕に、社会から除け者扱いされ忘れ去られようとしている有名無名の人物の生涯にスポットを当てた読み物になっています。

私の庭は雑草だらけなのですが、雑草といって抜き捨てることが惜しまれる花にイヌタデがあります。庭の片隅に咲いたイヌタデを見て、この本を開いてみました。植物名に「イヌ」と付く場合は「役に立たない物」を意味する場合が多く、この、ほこりを被って咲いているイヌタデもそんな植物と思われがちですが、この本によると、下痢や皮膚病に効く薬になるそうで、なかなか侮れないものです。

私はどうも判官贔屓というかマイナーな物に興味があるようで、現在、開催されているサッカーのワールドカップでも、敗れても個性があり、強烈な印象を残して去ったいった選手や先進国とは言えない国のチームに惹かれます。サッカーは全く詳しくありませんが、アルゼンチンのクレスポ選手(いかにもインディオという感じ)、チェコのネドベド選手(市民の力で民主化をなしとげたチェコという国自体に興味があるのと、まさしく孤軍奮闘といったプレーが美しかった)が印象に残りました。もっとも彼らは世界のトップクラスの選手ですが。

有名無名のスポーツ選手のことを描いた本で好きなのは『敗れざる者たち 』(文芸春秋社/沢木耕太郎)です。『深夜特急』などは、多分若い男性なんかにとってはバイブルのような本で、これも好きな本の一つですが、『敗れざる者たち』では、勝負の世界で、いつか、いつかと望み続け、しかも『いつか』はやってこない選手や競走馬の悲哀を描きつつも、それでもまだ人生の勝負はついていないと筆者は語ります。

ふと庭に目をやると、抜いたはずのところにドクダミの芽が...

orz

コヤツはたしかに『敗れざるもの』です...。

|

« 鎌倉散策(No.5) | トップページ | 今週の庭仕事メモ(7月2日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46404/2454878

この記事へのトラックバック一覧です: 雑草にも名前がある:

« 鎌倉散策(No.5) | トップページ | 今週の庭仕事メモ(7月2日) »