« 鎌倉散策(No.4) | トップページ | 雑草にも名前がある »

鎌倉散策(No.5)

Kobana3

江ノ電に乗って和田塚へ

和田塚周辺地図

Photo_63 鎌倉駅西口には江ノ島電鉄(江ノ電)の切符売り場があります。私は隣の和田塚までしか行きませんでしたが、江ノ電沿線には、長谷の大仏や長谷寺など、見所も多いので、何度も乗り降りするのでしたら、「のりおり君」という乗り降り自由な切符を買ってもよいかと思います。時間が許せば、海を眺めながら最終的に藤沢駅に出るのがお奨めです。

私がケーキを我慢したわけは、和田塚の線路に面して(!?)建つ甘味処「無心庵」で名物の豆かんをいただくためです。

Photo_61 「線路に面して」というのは実際にお店に行けば分かります。

無人駅の和田塚で下車し、電車が去ったら、進行方向に向かって一番先の階段からそのまま線路に出ます。そして線路を斜めに渡ったところが店の入り口なのです。初めて江ノ電に乗った方は驚くのですが、沿線には線路に向かって玄関があるお宅も少なくありません。

 

Photo_64

 (無心庵の豆かん)

 

 

私は無心庵を出た後、鎌倉駅に徒歩で戻りました。途中に通る御成通りは小町通りと異なり、実際に鎌倉に住んでいる方が利用する商店街ですが、インポートもののガーデニンググッズのショップとか中国アンティークのショップなど、さすが鎌倉と思わせるお店が並んでいて、観光客も楽しめます。西口側は、ちょっとセレブな雰囲気かも。

尤も、初めて鎌倉を訪れる方は長谷の大仏は必見でしょう。ですから私のお薦めは江ノ電で長谷まで行き、長谷寺や大仏(高徳院)を拝観した後、もし時間があれば、由比ヶ浜通りを鎌倉方面に戻りながら歩くというのもいいかも知れません。

由比ヶ浜通りから少し足を伸ばして訪れる鎌倉文学館も私のお気に入りの場所です。旧前田侯爵家の鎌倉別邸を利用したこの博物館は、本館の建物も一見の価値があります。

Kobana3おまけ

今回ご紹介したコースは丹念に見て歩くと1日は優にかかりますが、まだまだ、鎌倉には魅力的なお寺や神社があります。

例えば、金沢街道沿いにある、鎌倉最古の杉本寺(734年創建)や竹の寺と呼ばれる報国寺(十月桜が見事)、少し離れて、花の寺と呼ばれる瑞泉寺(ずいせんじ)は特に2月の梅と水仙が見事です。これらの寺は江ノ電のバスの利用が便利で、また北鎌倉~鎌倉間や由比ヶ浜大通りも江ノ電のバスが走っていますから、もし2日かけることができるのなら、1日は徒歩でのんびりと北鎌倉周辺の自然を楽しみ、2日目は江ノ電の1日乗車券(電車とバス両方乗ることのできるチケットもあるようです)を利用して1日目に見落とした寺社や江ノ電沿線の湘南の風景を楽しまれたらよいのではないかと思います。

~おわり~

Kobana3おまけの画像

Photo_77 
明月院(紫陽花)

Photo_78
海蔵寺(萩)

Photo_79
海蔵寺(萼紫陽花)

Photo_80
海蔵寺(螢袋)

Photo_81
海蔵寺(松葉菊)

|

« 鎌倉散策(No.4) | トップページ | 雑草にも名前がある »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46404/2380365

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉散策(No.5):

« 鎌倉散策(No.4) | トップページ | 雑草にも名前がある »