« 掌蹠膿庖症 | トップページ | 今週の庭仕事メモ(6月25日) »

梅三昧の週末(No.2)

Web_17梅ジャムの作り方

良く熟した梅を使って、梅ジャムを作ってみませんか?

もし青梅の場合は、風通しの良いところに広げて、熟してから使って下さい。青梅の場合、灰汁抜きのために水に一晩浸けなくてはならず、色が悪くなってしまうことが多いためです。

材料: 

  • 梅(黄色く熟したもの) 1㌔
  • 砂糖 1㌔(これは基本の分量。味を見ながら加減して下さい。私は300㌘くらいしか使いませんが、これほど砂糖が少ないと、冷蔵庫での保存が必要になります。)

作り方

  1. 梅を3時間ほど水に浸けます。(完熟なら1時間)
  2. 1の間に、保存用に使用する瓶を煮沸消毒します。(消毒のしかたは『庭の嫌われ者(?)ドクダミの利用法』をお読み下さい。)
  3. 爪楊枝などを使って梅のヘタを取ります。
  4. 鍋に新しい水を入れ、梅を入れて煮ます。(決して煮立てず、梅に火が通る程度でOKです。梅の皮が破けないように注意して下さい。)
  5. 4の梅を水を入れたボウルに取り、荒熱を取ります。
  6. 梅の種を取り除き、果肉を包丁で叩いておきます。(ここで裏ごしすると食感が良いのですが、私は省略。)
  7. ホウロウの鍋など、酸に強い鍋に果肉を入れます。(アルミ鍋は酸によって腐食するので避けて下さい。)
  8. 砂糖を少しずつ加えながら30分ほど煮て完成です。熱い内に瓶に詰め、蓋をして逆さにし、熱が取れるまで放置します。(瓶にはなるべくたくさん詰めます。元々の空気を少なくして冷ますことで、ある程度の脱気ができます。)

【丁寧な脱気方法】

蒸籠に瓶を並べ、瓶の蓋を軽く載せる程度にして10分程蒸し、素早く蓋を閉めます。

 

|

« 掌蹠膿庖症 | トップページ | 今週の庭仕事メモ(6月25日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46404/2274537

この記事へのトラックバック一覧です: 梅三昧の週末(No.2):

« 掌蹠膿庖症 | トップページ | 今週の庭仕事メモ(6月25日) »