« 祖母の手作りおやつ | トップページ | 私家版「今月の園芸作業ノート」 »

可哀想なイカ

前回の日記「祖母の手作りおやつ」でご紹介した「自然暮らしのレシピ」に載っていたイカ飯をさっそく作ってみました。

作り方は簡単で、餅米を洗って3時間ほど水に浸けておき、ざるにあけて水気を切ってからイカの中に詰めて、醤油や酒、砂糖などで味付けした煮汁の中で40分程煮ます。

本のレシピではイカ2杯とありましたが、用意したイカが小さくて、慌てて追加のイカを買いに魚屋へ。結局、2合の餅米で5杯のイカを使いました。

イカのワタを取っている時、一匹のイカの中に何やら堅いものが...覗いてみると魚のようでした。

Sakana 原型を留めていないのが出てきたらイヤだなぁと恐る恐る引き出すと、やたらフレッシュな魚でした。

と言うことは、このイカ、せっかくごちそうを食べたのに、それを味わう暇無く捕まっちゃったんですね。可哀想に...。

|

« 祖母の手作りおやつ | トップページ | 私家版「今月の園芸作業ノート」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46404/1479538

この記事へのトラックバック一覧です: 可哀想なイカ:

« 祖母の手作りおやつ | トップページ | 私家版「今月の園芸作業ノート」 »