« 思い出の風景-蜂蜜色に染まる街- | トップページ | 今週の庭仕事メモ(4月9日) »

地元商店街

住んでいるところが、割合と昔から住んでいる人が多くて、1km以上に渡る商店街もあるので、大概の日用品は地元で調達できます。私は車の運転ができないので、大型のホームセンターやスーパーに気軽に行けないということもあるのですが、地元の店で買い物をするのが好きです。

大型店は、何でもそこで揃うという手軽さと、大量仕入れのために安いものも多いけど、地元の商店は、魚や珍しい野菜(山菜とか)の調理方法を教えてくれたりしますし、道具類を売っている店は、私が大した作業をするわけではないと知ると一番安上がりなものを奨めてくれたりするので信頼できるからです。

そんな商店の一つで、特に目的がないのに私が時々覗くのは、小さな園芸店。お寺の近くなので、花屋は何軒もある中で、主に、ちょっと趣味っぽい植物を置いています。元々、華やかな園芸種の草花よりも山野草のような素朴な植物が好きなので、ついつい、足が向いてしまいます。以前、父が亡くなった後、どうしていいかわからない松の盆栽のことを相談したら、剪定してあげるから持っていらっしゃいと言って下さるような店です。(その前に枯らしてしまいましたけど...。)

先週、ここで花芽のたくさん付いたキンセンカを見つけて、抽出オイルを作ってみようと購入した時に、店のご主人にその話をしたら、薬効があることはご存知ではありませんでした。いつも色々と教えて頂くので、インターネットで薬用ハーブとしての利用法を調べて印刷したものを持って、今日も訪ねてみました。

買い物のついでにプリントを差し上げるためだけに寄ったのに、斑入りの鳴子百合を見つけてしまいました...。

というわけで、今日もまた誘惑に負けてしまいました...。 

|

« 思い出の風景-蜂蜜色に染まる街- | トップページ | 今週の庭仕事メモ(4月9日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46404/1342775

この記事へのトラックバック一覧です: 地元商店街:

« 思い出の風景-蜂蜜色に染まる街- | トップページ | 今週の庭仕事メモ(4月9日) »