« つまみ菜の収穫間近 | トップページ | 今週の庭仕事メモ(3月12日) »

思い出の風景-ウィーン-

ウィーンは私の最もお気に入りの都市です。大好きな画家、グスタフ・クリムトを始め、19世紀末の芸術や工芸品が町中にあふれているからです。

2002年に、この都市を再訪したときは、前回、閉館間近に飛び込んでクリムトの絵だけ見て回ったヴェルベデーレ宮殿(美術館)をゆっくりと鑑賞し、新しくできた美術館を巡った後は、この華やかな町をのんびりと散策しました。

滞在中、収穫祭があり、町中のあちこちで様々なイベントが行われていました。下の写真はその一こま。

Kids01_3 リンクと呼ばれる環状道路に囲まれた市の中心部。ある広場の一つでは、子供向けのイベントが行われていて、子供達が楽しそうにカボチャにペイントしていました。

  

Kids02_1 同じ広場の別のコーナーでは、ロッククライミングで遊べるようになっていて、何人かの子供達が一生懸命壁をよじ登っていました。

この女の子の顔に気づきましたか?ネコかなにかのメイクをしているんです。当時、子供の顔に動物のメイクをするのが流行っていたのか、あちこちでこういう子供を見ましたが、このメドヒェン(女の子)は、いかにもお転婆そうで、ネコのメイクがよく似合ってました。

|

« つまみ菜の収穫間近 | トップページ | 今週の庭仕事メモ(3月12日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46404/974462

この記事へのトラックバック一覧です: 思い出の風景-ウィーン-:

« つまみ菜の収穫間近 | トップページ | 今週の庭仕事メモ(3月12日) »