« 今週の庭仕事メモ(3月26日) | トップページ | 調理用具のこだわり(No.2) »

調理用具のこだわり(No.1)

「こだわり」と書いたけど、私は『おばあちゃんから受け継いだ銅鍋』なんて持ってないし、『外国の○○社のナイフがお勧め』なんて話ではありません。むしろ、以前からあるシンプルな道具が、値段も手頃だし、長く使えて結局はイイ!というお話です。

Beadflower1w15green_1 鋼の和包丁

私は祖父母の代からの家に住んでいるので、自分で包丁を買わなくても既に様々な種類や数を持っていますが、普段使うのは鋼(はがね)の普通の和包丁。別に匠の作ったものなんかじゃありません。種類は、よくは分かりませんが、調べてみたら、卸(おろし)出刃包丁と呼ばれるものらしく、これ一本で万能に使えます。ステンレスの包丁の良いものを使ったことがないからかも知れませんが、愛用の和包丁はステンレスのものに比べて刃が薄く、手前にすっと引いて切る時の切れ味は、一度味わうと快感になります。

Beadflower1w15green_1 砥石

包丁の切れ味が鈍ったときは、自分で研ぎます。砥石も色々ありますが、シロウトが包丁を研ぐぐらいなら数百円のもので十分なので、一つは持っていたらいいんじゃないかと思います。便利グッズの包丁研ぎ器もありますが、やはり、昔ながらの砥石で研ぐのとでは切れ味も、その持続性も断然違います。

|

« 今週の庭仕事メモ(3月26日) | トップページ | 調理用具のこだわり(No.2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46404/1176710

この記事へのトラックバック一覧です: 調理用具のこだわり(No.1):

« 今週の庭仕事メモ(3月26日) | トップページ | 調理用具のこだわり(No.2) »