« 間違いだらけの堆肥作り | トップページ | 生ゴミコンポスター »

今年最初の苺ジャム

先日、イチゴが安かったので、今年初めてのイチゴジャム作りをしました。イチゴジャムは2日がかりの作業です。と言っても、私のジャムの作り方はとっても簡単です。

イチゴを洗ってヘタを取り、鍋に入れて砂糖とレモンの絞り汁をかける、ここまでが1日目。2日目は30分かけて煮詰めるだけです。詳しい作り方をお教えしますので、是非、お試し下さい。

Beadflower1w15red 材料

イチゴ(1 Kg)、砂糖(500g-イチゴの甘さによって加減)、レモン汁(1個分)

ここに書いたのは基本の分量。私はイチゴ3パック(約850g)に砂糖を250gくらい、レモン汁は1個分で作っています。

Beadflower1w15red 1日目の作業

Jam02_1① イチゴは洗ってヘタを取る。(まず、ガクの部分を手で取り、残りはナイフで落とします)
② 水気をふき取って鍋に入れ、砂糖の半量とレモン汁をかけ、軽く鍋をふるって材料をなじませる。

この状態で一晩おきます。

 

Beadflower1w15red 2日目の作業

① 保存に使うガラス瓶(150~160ccくらい入るものを煮沸消毒しておく。
② 砂糖の残り半量を加えて強火で煮る。浮いてくるアクはすくい取り、30分くらい煮る。
③ 熱いうちに瓶に詰める。
④ 蓋はせずに電子レンジで1分加熱し、すばやく蓋をして、瓶を逆さにして冷めるまで待つ。(これはTVで見た脱気の方法。蒸し器を使って脱気する方法もあります。)

Jam04  小さい瓶(160cc位)で4つ、ジャムができました。

 

 

Beadflower1w15red

一口メモ

● 煮沸消毒に使ったお湯はジャムを作り終えるまで捨てないでおきましょう。ジャムを煮た鍋はベトベトになるので、この鍋にお湯を移し替えて火にかけると、洗うのが楽です。
● イチゴを煮るときは、最初と最後の5分間が肝心。最初は吹きこぼれやすいためと、最後は濃度を調節するためです。

Lemon01_1● レモンの皮は洗って刻み、冷凍保存しておくとハーブティなどに利用できます。果肉を包んでいた袋の残りを手ではがします。1cm角くらいに切り、ペーパータオルの上に広げてしばらくおき、水気がとれたら、保存容器に入れて冷凍庫で保存します。

|

« 間違いだらけの堆肥作り | トップページ | 生ゴミコンポスター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46404/784916

この記事へのトラックバック一覧です: 今年最初の苺ジャム:

« 間違いだらけの堆肥作り | トップページ | 生ゴミコンポスター »