« 今年最初の苺ジャム | トップページ | 100円ショップの掘り出し物、etc. »

生ゴミコンポスター

Composter01_1 以前、『春に備えて...(堆肥作り)』、『エコかエゴか...』でもふれた手作りコンポスターをご紹介します。

材料は発泡スチロールの箱(スーパーで譲ってもらったもの)と、後は家にあったものだけで、材料費ゼロでできました。

このコンポスターの作り方を教えて下さったのは、画家のYOKOさんです。

同じものを作ってみたいという方のために、ご承諾を得て、『我が家の自家製生ごみコンポスト』のページのリンクを貼らせていただきました。

Link02_2  YOKOさんのHP、Forest Zoneのトップページへはこちらから 

蓋の空気穴を塞ぐのに、ガーゼがなかったので換気扇フィルター(不織布のようなもの)で代用した以外、全く同じ方法でつくりました。我が家は日頃からノラネコの被害がひどいので、イタズラされないように、蓋の上にキッチンで使っていた棚の天板を載せ、煉瓦で押さえています。

もう一つ別のコンポスターを。

Composter02 これは、一般にEMバケツなどと呼ばれているもので、通常は、生ゴミに微生物発酵資材(米ぬかに様々な有効微生物を培養したもの)を振りかけ、密閉した状態で発酵させるために使います。

あまり上手くいかなかったので使用をやめていたのですが、蓋を発泡スチロール製コンポスターの要領で作ったものに替え、空気が入るようにして再び使い始めました。中には生ゴミと土を交互に入れています。上に載せている植木鉢は蓋が飛んだりしないように置いています。

こちらは使い始めたばかりなので、効果の程はまだ分かりません。結果はいずれご報告します。

|

« 今年最初の苺ジャム | トップページ | 100円ショップの掘り出し物、etc. »

コメント

kiwiさん、リンクありがとうございました。私のところからも張りましたので、ご確認くださいね。
それにしてもkiwiさんのコンポスターはきれいだなぁと思ってしまいました。いやはや、うちのはもう古くて汚れているし、おまけに側面を猫に引っかかれて穴があいてたりして無残な姿になってるのです(笑)。野良猫さんには目をつけられてしまったようなので、対策をもう少し考えないといけません。
ところで私も昔はEMぼかしもやってましたが、においなどでやめてしまいました。うまくやっていらっしゃる方もいるようなので、私の性格に合わなかったというだけかもしれません。

投稿: Yoko | 2006年2月23日 (木) 13時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46404/788853

この記事へのトラックバック一覧です: 生ゴミコンポスター:

« 今年最初の苺ジャム | トップページ | 100円ショップの掘り出し物、etc. »